環境のことや口にするものについて

環境問題や、環境ホルモンといった問題は、人間による人災の部分が大きくウェイトを占めているのが現状です。便利なもの、楽なものに人は流されていき、さらのそういったものを求めています。それでいいのでしょうか?ひとりひとりがしっかり考える時期にきているように感じます。 原発の問題からこういったことまでをしっかり考える時期に来ているように思います。

わざと見えなく加工する事も禁止します。お守りいただけない場合、テンプレートの利用を中止し、違反金を請求いたします。

生活防衛マニュアルと環境ホルモンについて考える

知っておきたい化学物質

毎年、春になると猛威をふるう花粉症には日本人の10%程度が悩まされているといいます。アトピー性皮膚炎などは子供から大人までにも広がりを見せています。こうした一般的なアレルギー症状とは別に化学物質にも敏感に反応してしまう化学物質過敏症の人が増えています。 化学物質過敏症は精密な分析機器でも測定できなレベルの量でも精神の不安定、肩こり、鼻炎、めまい、視力低下…といった症状があらわれます。 しかもこうした症状を訴える人は年々増加傾向にあります。原因物質となる化学物質の知識と情報です。

農薬&添加物を減らす方法

品添加物と一言でいっでも、現在、厚生労働省に認可されている添加物は、約1500品目にも上ります。しかし、そのほとんどが「品質を長持ちさせる」「見栄えをよくする」「味をそれらしくする」ことを目的として使用されています。 腐敗を防ぐ保存料や、酸化を防ぐ酸化防止剤、酸味料、甘味料、凝固材、香料など、さまざまな用途があり、それぞれにいくつもの種類があります。 食品添加物が人の体に及ぼす影響は、以前から繰り返し指摘されています。最も不安なのは発がん性です。ハムやちくわの結着剤、品質改良剤として使用されているリン酸塩は、発がん性が指摘されている食品添加物の代表格です。 カルシウム不足による骨の形成異常や、鉄分吸収の阻害による貧血などの原因になるともいわれています。

危険な食品

↑ PAGE TOP