にがり成分を含む伯方塩業の「伯方の塩」

国産でない理由

袋には「輸入天日塩を日本の海水で溶かし、煮詰めて結晶した塩を、屋内でゆっくりと自然乾燥させています」とあります。
天日塩とは、海水の水分を日光で蒸発させて作った塩のこと。メキシコやオーストラリアで作られた天日塩をわざわざ日本の海水で溶かして、煮詰めて塩を作っているというのです。

伯方塩業によると、手間をかける理由は「産地の海は周辺に工場もなくきれいなのですが、広大な海域の水分を2年間くらいかけて天日で蒸発させて作るので、ほこりなどが入ってしまいます。それを取り除くために日本の海水に溶かして、釜で煮立てているのです」とのこと。

天日塩がメインのため、にがり成分のマグネシウムが100g中に110mg、カルシウムが同90mg含まれています。なお、塩化ナトリウムは、同95gです。

memo
天日塩を主に使用しているため、にがり成分のマグネシウムやカルシウムなどのミネラルを含む良品。
データ
  • 原材料名:天日海塩(93%メキシコまたはオーストラリア)、海水(7%日本)

にがりについてはこちらです。

安心の砂糖は日新製糖「きび砂糖」です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です