スポーツドリンク

「点滴液」から作った大ヒット商品

スポーツドリンクやアミノ酸飲料のルーツとなったのは、製薬会社が開発した、あるスポーツ飲料です。「以前、アミノ酸入りのスポーツドリンクがブームとなりましたが、あれはもともと医療用の点滴液が原点でした。

作りすぎて在庫がたまっていた点滴液を、製薬会社会長の『在庫を活用してドリンクにし、瓶詰めにしろ』の一声で売り出し、大ヒットになったのです。その原点を考えれば、スポーツドリンクは点滴液を飲んでいるのと同じなんですよ。アミノ酸飲料水も同様のことが言えます。(医療関係者)

アミノ酸は医療用にも多く使われますが、中国も大量に生産をしており、世界的な供給過剰状態です。一時、アミノ酸入り飲料やアミノ酸入り食品の新商品が乱立したのもそのせいです。

異常なほどの猛暑が続いた昨今、熱中症予防のため、テレビニュースでもスポーツドリンクを飲むことを勧めるなどしているのだから、アミノ酸飲料、スポーツドリンクメーカーは作っても作っても足りなかったはずです。

ところが、アミノ酸飲料を過剰にとれば「アミノ酸インバランス」を起こす恐れさえあるのです。特定のアミノ酸ばかりとると、他のアミノ酸の働きを阻害し、かえって、健康に悪い影響を与えるのです。熱中症予防のためにも、普通の水をまめにとれば十分です。病気でもないのに点滴液を飲む必要性はありません。

購入時の注意点

スポーツドリンクを飲むより、普通の水やお茶を飲む習慣をつけることです。スポーツドリンクは虫歯の原因にもなりやすいので注意が必要です。それよりは、合成酢でない本物の醸造酢を水で薄め、黒糖で甘味をつけた、手作りドリンクのほうが体にはいいでしょう。

発酵黒豆エキスなら糖尿病の方は血糖値を下げ、高血圧の人の血圧を下げるすばらしいドリンクです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です