豆乳

「脱脂大豆」の加工食品の問題点

一晩水に漬けた大豆を水びき(水を抜くこと)し、再度水を加えて加熱。その後、布袋でおからを取り分けると乳濁液が残り、これが本来の「豆乳」と呼ばれるものです。

中国をはじめ、世界中で昔から飲まれている栄養食品です。しかし、今の市販豆乳は大豆は大豆でも、油を搾った後の大豆カス原料にした「加工豆乳」がほとんどです。加工豆乳には、植物油、糖、塩、(脱脂大豆)を乳化剤、香料、着色料、酸味料、強化剤などが添加されています。

なぜ豆乳がこんなにも「堕落」した食品になってしまったのでしょうか。それは、油を搾った後の大豆カスの処理法を考えていた大手製油メーカーが、その利用を思いついたのがきっかけです。

30年前の専門誌に、その大手製油メーカーの研究者が次のように書いています。「丸大豆にこだわらないで、価格面、脱臭のしやすさ、さらに大豆油の酸化の問題などの点を考え、脱脂大豆を原料として、これに保存性のよい油脂を再配合する方法を採用しました。

脱脂大豆はヘキサン、ベンゼンなどを使った抽出法によって99% 以上も大豆油をとった残りカスです。栄養価が失われているので、飼料にも肥料にもあまり使われていません。

かつて、上野動物園で大豆カスから作った人造肉を猫に与えたら見向きもせず、サルに与えたら20日間で栄養失調になり、ライオンは猛烈な下痢を起こしたことがありました。動物も食べないような大豆カスが、今やあらゆる加工食品の主原料のようになっているのです。

購入時の

選ぶなら、「豆乳」とだけ表示のあるもので、遺伝子組み換え大豆不使用のもの。調整豆乳、豆乳飲料は豆乳ではないと理解しましょう。


九州産大豆「ふくゆたか」を100%使った、大豆の旨みをそのまま味わえる豆乳です。大豆特有の臭いや嫌味を抑えて美味しく仕上げています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です