ビール

日本のビールは不味いのにドイツのビールは美味しいのは

ドイツのビヤホールで飲んだビールのうまさが忘れられないという人はたくさんいます。泡に生クリームのような滑らかさがあり、申し分のない風味。根っから「呑んべえ」の私でも、日本では一杯飲めば「もういいや」という感じになりますが、ドイツでは大ジョッキで軽く5杯は飲み干ししてしまいます。

あまりにもうまいので、ついついすすんでしまいます。日本のビールとドイツのビール、何がこれほどまでに違うのでしょうか。
答えを先に言えば、日本のビールには「不純物」が多いということです。ドイツには500年も前に制定された「ビール純正令」が現在でも存続しており、ビールは必ずこの純正令に従って造られています。ビールのラベルには例外なく、「一五一六年制定のビール純正令によって醸造されている」と書かれています。

このビール純正令の中身はというと、「ビールは水に大麦とホップだけを用いて造ること」という大変単純なものです。

日本のビールはどうでしょうか。まず、コメやトウモロコシのでんぷんを精製したコーンスターチが副原料として入っています。

また、それだけでなく、様々な添加物を使用してもいいことになっています。添加物は風味保持、老化防止(微生物や環境要因で食品の性質が変わるのを防ぐ)、安定性付与、変質防止、酸化防止、pH調整、タンク洗浄、ろ過、消泡、分散、安定などなど様々な目的のために使われるが、加工助剤(キャリーオーバー) として、大半は表示しなくていい。ビール会社が本当のことを言わない限り、消費者にはわからないのです。

購入時の注意点

地ビールの多くはドイツのビール純正令に従って造られています。好みの外国産ビールを探してみるのもいいでしょう。

原料がコーンの場合、遺伝子組み換えの可能性も「ビール」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です