原料がコーンの場合、遺伝子組み換えの可能性も「ビール」

麦芽、ホップだけのピールにすれば問題なし

湯上がりの一杯のビールで1日の疲れがとれる、という方も多いでしょう。そこで、ビールの安全性です。ビールの原材料名を見るポイントは、コーンとスターチです。
コーンは胚芽を除いて砕いたトウモロコシのコーングリッツ。

スターチはコーンスターチ。どちらも原料となるコーンは、ほとんどアメリカからの輸入品です。ということは、コーンが遺伝子組み換え作物という不安があります。副原料に遺伝子組み換え作物を使っていても、遺伝子組み換え食品と表示する義務はありません。

その点、原材料が麦芽、ホップのみなら、遺伝子組み換えの不安はありません。

安心のビールをのみたいなら麦芽かホップ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください