価格の差ほど、うまみ成分や品質に差はない「酢」

添加物の不安ゼロ、発ガン性を抑えるなど優れた健康促進食品

酢には、すぐれた殺菌・防腐の効果があります。また、汚染物質を引きだしたり、発ガン性を抑える効果もあるといわれます。ビタミンCを壊す酵素を抑える働きもあります。このように、酢は食品の安全を守る性質があります。また、酢は天然の降圧剤といわれ、薬と同等の効能もあります。血圧が高めの人は積極的に摂りたい食品でもあります。

種類はいろいろ。「米酢」は、米だけでつくられていると思うかもしれませんが、原材料は米と醸造用アルコール。米だけというのは、「純米酢」というラベル表示のあるものだけです。

「穀物酢」は、米、小麦、コーン、醸造用アルコールでつくられています。原材料のコーンには、遺伝子組み換えの心配もあります。「黒酢」の色は、アミノ酸が褐変したもの。長い醸造期間中に、しだいにこの褐変が起こるため、品質のよい高級品というイメージがあります。
しかし、価格の差ほど、うまみ成分や品質に差はありません。

かつて、酢の品質をテストしてみたことがあります。たくさんの製品を分析して、アミノ酸(天然のうまみ成分)の数を調べたのです。うまみ成分の多い「上」のランクに入ったものが半数以上。
ところが価格のほうはどうかというと、100円台~1800円と、ずいぶん開きがありました。「中」のランクの酢は3割。価格は100円未満~500円台のものばかりで、100円台が大半。
「下」は、やはり100円未満~500円台。300円台のものが多かったのは意外でした。こうなると、高いものだから質がよいとは限りません。どれを選ぶかはお好
みしだい。なお、酢は添加物の不安はありません。

黒酢がおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください