発泡スチロールカップに環境ホルモン「即席味噌汁」

紙カップのものを選べば、問題なし!

お湯を入れてかき混ぜるだけの即席みそ汁。簡単にみそ汁の豊かな味わいが楽しめるとあって、けっこう売れています。食品添加物は「調味料(アミノ酸等)」と「酒精」(アルコール)ぐらいで、不安点はありません。

心配といえば、塩分が濃いめなこと。そこで、栄養成分の表示がついていて、塩分が10%以下とわかるものを選ぶのがポイントです。

カップ入りみそ汁の場合は、紙カップを選ぶことです。発泡スチロールの場合、熱湯を注いだときに環境ホルモンが溶けでる不安があるので要注意。

また、塩分の害を減らすカリウムを多く含む具のみそ汁を選べば安心。前述したもの以外では、たとえば、わかめ、ほうれんそう、納豆、油揚げなどを使ったものを。

もっとも、これらの具が入っていても、使っている量が少ないので、さらにわかめ(カットわかめで十分) を加えることをおすすめします。また、カリウムの多い具がもともと入っていない即席みそ汁には、必ずわかめや油揚げ、ゆば、干ししいたけなどを加えるようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください