過剰摂取はカルシウム不足の原因になる「砂糖」

「砂糖不使用」の表示でも、パラチノースやオリゴ糖などが含まれている

砂糖にはさまざまな種類があります。せいせい「精製糖」。サトウキビから煮だした糖液を濃縮し、遠心分離器で蜜を分離して精製したもの。

「三温糖」。完全に精製された砂糖液から白砂糖を繰り返しつくり、残った液を結晶させたもの。

褐色の色は、精製の途中で熱を加えることでできたもの。ミネラルが多いわけではなく、健康によい根拠はありません。「キビ砂糖」。サトウキビの液を脱色・精製しないまま煮詰めたもの。原液の養分とミネラルをたくさん含んでいるといわれていますが、ごくわずかです。

「テンサイ糖」。砂糖だいこん(ビートまたはテンサイともいう) の汁を煮詰めて精製したもの。

「黒砂糖」。サトウキビを搾った汁に石灰を加え、濾して煮詰めて固まらせたもの。カルシウム、鉄分の量は砂糖の中では一番。いずれも、添加物の心配はありません。

ところで、糖分は1日当たり、大人で50g、子どもで30g以下が望ましいといわれています。健康を考えた1日の量を考えると、砂糖からミネラルを摂るのはムリがあります。
ということは、どの砂糖を選んでも、さほど違いはないということ。ここで、砂糖のよい点をあげてみましょう。体の中に入ると、すぐにエネルギーになるので、疲れをとるのに即効性があります。

素早く吸収されて、脳の働きを活発にするエネルギー源としても大切な役割を果たしています。そのほか、防腐性、浸透性、ゼリー化など、いろいろと効果を発揮します。

問題点は、砂糖を摂りすぎると、ムシ歯の原因になる。ビタミンBl不足になりやすい。カルシウムが不足。 血液中に中性脂肪が増え、肥満、動脈硬化になりやすいことなどがあげられます。
甘いものはなぜやめられない?もとても興味深いところです。

砂糖は体にとって必要な成分だけれど、摂りすぎると、いろいろと問題がありそう。安心な食べ方は、糖分控えめということにつきます。なお、飲料水などに記載されている「無糖」「糖分ゼロ」「ノンシュガー」「シュガーレス」「シュガーフリー」は、すべて同じ意味。糖分はほとんど含まれていません。
ところが、「砂糖不使用」とくれば、砂糖は使っていないけれど、パラチノースやオリゴ糖などを使っているということです。うっかり糖分が入っていないと勘違いしないように。

「過剰摂取はカルシウム不足の原因になる「砂糖」」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください