直火の高温で加熱すると、発ガン物質に変化する恐れも「焼き肉のたれ」

「グルタミン酸Na」を含まない「たれ」を選ぶ

焼き肉のたれを選ぶときのポイントはただ1点。原材料名に、「調味料(アミノ酸等)」の表示がないものを選びましょう。アミノ酸系の調味料はグルタミン酸Naが主体ですが、直火の高温で加熱されると、発ガン物質をつくる不安があります。

とくに、グルタミン酸Naと植物油が一緒になると、あまり高温でなくても発ガン物質ができるともいわれています。安心して食べるには、手づくりのたれをつくり、アミノ酸系調味料(成分にグルタミン酸Na) を入れないこと。

ただ、フライパンで「妙めて」しまう場合は、よほど高温(煙が出るほど) にしないかぎり大丈夫です。つまり、本格的にバーベキューグリルや綱で焼くときは、くれぐれもご注意を。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください