1歳未満には与えない「はちみつ」

「公正マーク」がおいしさの秘密

現在、ほとんどのはちみつは外国産。これまでの輸入はちみつは、くせが強いため、一時は盛んに脱色、脱臭が行なわれていました。
そして、はちみつに含まれる、せっかくのビタミンやミネラルを奪ってしまう結果に。しかし、最近では良質のはちみつが出回るようになり、品質はずっとよくなっています。

なお、はちみつのパッケージに「1歳未満の乳児には与えないでください」という表示があります。「消化に悪いの? それとも、添加物が?と心配されていますが、そうではありません。

はちみつが呼吸困難などを起こす「乳児ボツリヌス症」の感染源の1つとされ、厚生省ク指導で、こういう表示をつけることになっているのです。

ですから、1歳以上の子どもは問題なし。はちみつを選ぶなら、「全国はちみつ公正取引協議ぎの公正マークのあるものを。よいはちみつを選ぶ1つの目安になります。

「紅茶にはちみつを入れたら、色が黒みがかってしまつた。前のはちみつはこんなことはなかったのに。このはちみつは品質が悪いの? 」と質問されることがあります。実は、これは、はちみつに含まれている鉄分の量の違いによって起こる現象ですから、品質には問題はありません。はちみつは、花の種類によって鉄分の含有量が違います。

アカシアヤシナノキのはちみつには鉄分が多く、レンゲやなたねのものには少をいのです。鉄分の多いはちみつを紅茶に入れると、鉄が紅茶のタンニンと反応して、タンニン鉄の黒みがかった色になるのです。なお、普通、はちみつの鉄分は100グラムあたり0.8ミリグラムくらい。しかし、アカシアやシナノキなどを蜜源とするはちみつでば5ミリグラムくらいの鉄分のものが多く見られます。

ミツバチがつくりだした天然のワックス、採取できるのは微量「プロポリス」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください