病害虫に弱いため、多くの農薬が使用される「ほうれんそう」

「おひたし」は、より安全度を高める最高の料理法

スラッと茎の長いスマートなほうれんそうと、ずんぐりむっくりのほうれんそうが、スーパーマーケットの棚に並んでいます。一体、どちらのほうれんそうを選べば安全でしょうか。

正解はずんぐりむっくりのほう。根元に近いところから葉がいっぱい生え、丈が10~15センチぐらいのずんぐりした形のものがよいのです。茎がスラっと長く育っているのは、化学肥料をたくさん使っている証拠。農薬も多くなりがちでよくありません。
ほううれんそっの旬は11~12月の寒い季節。なかでも味がよいのは2月です。
ちなみに∵ 旬は野菜が順調に育つために農薬の使用量が少なく、もっとも安心な時期といえます。

栄養豊富で抗酸化作用が強いほうれん草 | 食材のプロフィール
https://www.hood-memo.info/spinach/

さて、ほうれんそうはもともと病害虫に弱く、畑のよし悪しにも影響されやすいため、多くの農薬を使って育ちます。しかも、化学肥料や大気中のチッソ化合物による硝酸塩、ダイオキシン、腎結石の原因となるシュウ酸を多く含むなど、不安な材料がつぎつぎにあがります。

でも大丈夫。ちょっとした下ごしらえで、こうした不安材料をとり除くことができるのです。まず、ボウルにため水をし、水を流しながらほうれんそうを5分くらいつけておきます。そのあと5回ほどふり洗い。水を流しっづけることで、溶けだした農薬などが再び葉につくことを防ぎます。
さらに、「切ってからゆでれば硝酸塩の不安も解消」します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です