ピーマンは、表皮の下のクチクラ層に農薬がしみこんでいるケースも

妙める前には必ずゆでる習慣を持とう

ピーマンといえば、牛肉と妙める「青椒肉絲」や「なすとピーマンのみそ妙め」など、妙める料理がすぐ思い浮かびます。さて、このピーマン。安全のための下ごしらえはいかなるものでしょうか。

「洗うこと?」もちろんです。水を流しながら、手でしっかりこすって洗います。これで、表皮に残った農薬やダイオキシンを落とします。「妙めるんだから、それでいいんじゃない? 」とお考えの向きも多いと思いますが、つぎの手順として、「千切りにして、ゆでる」方法をおすすめします。なぜなら、表皮の下のクチクラ層に農薬がしみこんでいる可能性も捨てきれないからです。

ピーマンを千切りにしたら、沸騰したお湯で30秒ほどサッとゆで、冷水にとって冷まします。これで、表皮下の不安物質がお湯に溶けだすため、安全度は確実になります。

30秒ゆでたくらいでは、まだシャキッとしています。「妙めるときも、ゆでてから」が安心のクッキング。では、安全なピーマンの選び方。肩が張つていて、緑の渡すぎるものはダメ。チッソ肥料が多すぎて、軟弱。よいものは、皮にツヤと張りがあって、ヘタがいきいきしているもの。旬は7~9月です。
ピーマンは、とくにビタミンC が多く、ピーマン約3個で1日のビタミン の必要量50mgが摂れます。ビタミンCの酸化を防ぎ、吸収をよくするビタミンPも多く、また、ガンの抑制成分であるカプサイシン、テルペン、アルカロイドも含まれています。

ビタミンが豊富で体を丈夫にするピーマン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください