ピーマン 生 危険 表皮の下の クチクラ層 に 農薬 がしみこんでいる

ピーマン 生 危険 表皮の下の クチクラ層 に 農薬 がしみこんでいることも あるので要注意です。
ピーマン といえば、牛肉と妙める「青椒肉絲」や「なすとピーマンのみそ妙め」など、妙める料理が定番です。さて、この ピーマン 。安全のための下ごしらえはどのようにすればいいでしょうか。解説します。

ピーマン 生 危険

ピーマン 生 危険

ピーマン 生 危険 妙める前には必ずゆでる習慣を持とう

「洗うこと?」もちろんです。水を流しながら、手でしっかりこすって洗います。これで、表皮に残った 農薬 やダイオキシンを落とします。しっかりこすることが危険 回避の最善対策です。

「妙めるんだから、それでいいんじゃない? 」とお考えの方も多いと思いますが、つぎの手順として、「千切りにして、ゆでる」方法をおすすめします。

なぜなら、表皮の下のクチクラ層に農薬がしみこんでいる可能性も捨てきれないからです。

ピーマンを千切りにしたら、沸騰したお湯で 30 秒ほどサッとゆで、冷水にとって冷まします。これで、表皮下の 不安物質 がお湯に溶けだすため、安全度は確実になります。

30 秒ゆでたくらいでは、まだシャキッとしています。「妙めるときも、ゆでてから」が安心のクッキング。

では、安全な ピーマン の選び方 。肩が張っていて、緑の渡すぎるものはダメです。チッソ肥料が多すぎて、軟弱。よいものは、皮にツヤと張りがあって、ヘタがいきいきしているもの。
ピーマン の旬は 7 ~ 9 月です。できる限り 減農薬 無農薬 で栽培されたものを選びましょう

ピーマン は、とくに ビタミンC  が多く、ピーマン 約 3 個で 1 日のビタミン の必要量 50 mg が摂れます。ビタミンC は水溶性ですから余分なものは尿として排泄されますから多めに摂るのがいいでしょう。

ビタミンC の働きについてはこちら

通常は加熱すると壊れやすい ビタミンC ですが、ピーマンに含まれる ビタミンP という成分が熱によって ビタミンC が破壊されるのを防いでくれます。

ビタミンC の酸化を防ぎ、吸収アップの ビタミンP も多く、また、ガンの抑制成分であるカプサイシン、テルペン、アルカロイドも含まれています。

独特の香りが強いので、その昔は敬遠する人も少なくなかったようで、子供の嫌いな野菜にも ピーマン の名前が必ずあがるほど。そのため、食べやすい品種改良がすすめられ、くせが少なくて肉薄の、現在のピーマンが誕生したようです。店頭には、赤やオレンジ、黄色など色とりどりのピーマンが並ぶようになりました。

ビタミン が豊富で体を丈夫にする ピーマン

ピーマン 無農薬

商品の説明

原材料:ピーマン 800g前後
生産者:栃木 根岸農園・千葉 おかもファーム
商品説明:無農薬栽培のピーマンです。
炒め物や煮びたしなどおかず作りに便利な緑黄色野菜です。
入荷により大きさにバラつきがございます。ご了承ください

野菜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください