切ってからゆでれば硝酸塩の不安も解消「ほうれんそう」

不安物質

  1. 葉の部分は、直接散布された農薬の残留が心配です。
  2. 根元の部分には、有害物質に汚染された土が付着しているかもしれません。
  • ボウルに重ねたざるにほうれんそうを入れ、流水で5分水にさらし、ボウルを外す。
  • 水の下でぎるを5回ほど振って振り洗いをする。約2cmに切り約1分間ゆでこぼす。

しょうゆ洗いがおすすめ

農薬などの有害物質の残留に加えて、もともと硝酸塩を多く含んでいるほうれん草。よく水にさらし、切ってからゆでこぼすことで農薬や硝酸塩の不安を一緒に軽減することができます。
さらに徹底するのであれば、しょうゆ洗いがおすすめ。ゆでこぼしたほうれん草を、少量の水で薄めたしょうゆにつける方法です。
少し薄めることで、有害物質が溶け出しやすくなり、除毒効果が高まります。薄く味もつくので、おひたしなどの下味をつける方法としても最適です。

2 thoughts on “切ってからゆでれば硝酸塩の不安も解消「ほうれんそう」

  1. ピンバック: 病害虫に弱いため、多< の農薬が使用される「ほうれんそう」 | 危険な食品

  2. ピンバック: 病害虫に弱いため、多く の農薬が使用される「ほうれんそう」 | 危険な食品

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください