添加物を溶出させる調理前の一手間が重要「大豆製品」

製造過程で大豆を水にひたす際、有害物雪が溶け出している可能性が高いので、不安は少なめ。 ただ、遺伝子組み換えでない大豆を便「た製品を選びましょう。

  1. パックから出した豆腐を、水につける。こうすることで添加物などが水に溶け出す。
  2. ざるに油揚げをのせて、上から熱湯をかけることで、不安が多い揚げ油や酸化防止剤を取り除ける
  3. 納豆は、豆自体には添加物の不安はほぼない。有害物巽の解毒作用のあるネギを加えるとより安心。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください