たった10秒の湯ぶりで不安物質が3割も減少する「ハム・ベーコン」

製造時に保存料や発色剤、着色料などさまぎまな添加物が使用されていることが多い加工食品です。生肉同様、脂身に有害物物質の可能性があります。

  1. 鍋で湯をわかし、1 枚ずつさえはしでいれる。しゃぶしゃぶのように約10秒湯ぶりする。
  2. ベーコンの場合、熱湯を張ったボウルに約30秒つけるだけでも除毒効果が期待できる。

添加物の不安大

豚は脂身に有害物質を蓄積させるため、ハムやベーコンも脂身に注意が必要です。ハムは脂身が少ないもも肉を使っています。そのため、脂身の多いバラ肉を使うベーコンよりは不安が少ないかもしれません。しかし、いずれも製造時に大量の添加物を使用しているのが一般的です。
本来は長い時間をかけて塩漬けにする手間暇かかった加工食品ですが、スーパーにあるのは添加物たっぷりの製品ばかり。10秒の湯ぶりで保存料と発色剤が30%以上除去されたテスト結果もあります。自衛策が必須です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください