スープに入れるときもゆでこぼそを忘れずに「ソーセージ」

本来は羊の腸に豚肉や牛肉を詰めて製造されますが最近では人工の詰め袋が使用されていることがほとんどです。保存料、発色剤、着色料の不安もあります。

  1. ソーセージに包丁で3~4つ切れ目を入れる。裏側にも同様に切れ目を入れる。
  2. 沸騰したお湯に1分程度入れる。切れ目から不安物質が溶け出す。

加工食品のなかでも、ソーセージは食品添加物の使用がかなり一般化している製品です。切れ目を入れてからゆでて、中から不安物質を溶出させたあとに調理しましょう。
ゆでるより、焼いで皮をパリッとさせて食べるほうが好きな人もいるかと思います。その場合、沸騰した湯で約1分ゆでこぼしてから焼くことをおすすめします。そのときも、切れ目を入れるのを忘れないようにしましょう。スープや妙めものなど、どのような調理をするときにも下ごしらえが肝心です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください