生で皮ごと食べるため一度の大食いはNG「さくらんぼ」

皮に農薬が付着しているので丁寧な下ごしらえが大切

さくらんぼは比較的病虫害に弱く、栽培に手間がかかる果物です。そのため、残留農薬の不安もあります。さらに、生で皮ごと食べるため、ゆでこぼしてクチクラ層まで浸透した有害物質を溶出させるといった、除毒のための作業ができません。よく洗い、一度に大量に食べるのを控えることをおすすめします。また、国産のさくらんぼの旬が6~7 月なのに対しで、アメリカ産が主流のブラックチェリーなどは5~7月が旬。収穫後のポストハーベスト農薬も不安な点です。

皮に付着した有害物質や、クチクラ層まで浸透した有害物質が大きな不安です。一度に大量に食べないことをおすすめします。

  1. ボウルにぎるを重ねてさくらんぽを入れる。流水に約10分つける。水を流し続け再付着を防ぐ。
  2. ボウルを外し、流水の下でざるを左右に振って、しっかり振り洗いをする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください