皮を厚めにむいてクチクラ層を取り除く「梨」

梨は、殺虫剤をたくさん使用することが多い果物です。表面への付着はもちろん、クチクラ屈まで浸透し、残留している有害物質の不安があります。

  1. 流水の下で約30秒、手でこすり洗いをする。表面に付着した有害物質を落とす。
  2. 皮をむいて、好みの大きさに切る。皮を厚めにむくことで、有害物実の不安を軽減できる

皮は惜しまずに厚めにむくのがポイント

「梨は大名にむかせろ!」言葉をご存知ですか?これは、皮の近くの果肉が酸っぱいため、ぜいたくに厚く皮をむいた方がおいしいことから伝えられた言葉だといわれています。皮を厚くむくのは、除毒の観点から考えでも、正しい方法です。クチクラ層まで浸透してしまった有害物質を、生で食べたい梨から溶出させるのは至難の業。
皮を厚くむくことで、しつかりと取り除くことができます。酸っぱい部分を取り除くことにもなるので、よりいっそう梨の甘みを楽しむことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください