白い部分は食べずに皮は厚めに残す「すいか」

表面に付着した農薬や、ダイオキシンなどの有害物質が不安です。大きいため、少し大変かもしれませんが、切り分ける前にしっかりと洗うことが大切です。

  1. 流水の下で手でしっかりとこすり洗いをする。表面に付着した有害物質をしっかり落とす。
  2. 好みの大きさに切り分ける。食べるときには、白い部分まで食べずに、皮は厚めに残すこと。

かぶりつかないで切り分ける

すいかの皮を料理して食べている、という人もいるかもしれません。しかし、農薬などの有害物質が浸透している可能性を考えると、生でそのまま食べることはおすすめできません。
赤い果肉を食べるときも、皮は厚めに残しましょう。できれば直接スプーンなどですくって食べるのではなく、切り分けるほうがリスクが低いのでおすすめです。最近ではあまり見かけませんが、昔は井戸水や川ですいかを丸ごと冷やしていました。これは除毒にもつながっていたと考えられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください