有害物質を避けるには洗ってからへたをとる「いちご」

  1. ボウルの上にざるを重ねていちごを入れ、流水で約5分間水につける。
  2. ボウルを外し、流水の下でざるを左右に振って、約5回振り洗いをする。
  3. 水気を切ってへたを取る。洗う前にへたを取ると切り口から果肉に有害物質が浸透してしまう。

病虫害に弱く、ハウス栽培が多いため、残留農薬など有害物質の不安がとても大きい果物。特に表面のくぼみに付着しやすいので、注意が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください