輸入オレンジは不安大切る前の皮むきは必須「オレンジ」

  1. 有害物質が直接散布されているため、まずは流水の下で、手を使ってよくこすり洗いをする。
  2. 皮をむき、好みの大きさに切り分ける。有害物葉の不安は、果皮部分にある。

ほとんどが輸入でまかなわれているオレンジ。収穫後に直接散布するポストハーベスト農薬の不安があります。果肉に入り込まないよう、切る前に皮むきを。

よく洗った上でビタミンを摂取

外国産、とくにアメリカ産の輸入が多いオレンジ。分厚い果皮があり、中まで有害物質が浸透している不安は少ないものの、収穫後に防カビ剤などのポストハーベスト農薬を散布するため、
注意が必要な果物です。ビタミンCが豊富で、活性酸素を抑える働きがあるため、抗酸化作用も期待できます。産地によっで異なりますが、夏に出回るのは、ジュースに加工されることが多いバレンシアオレンジで、冬に出回るのは香り高く甘いネーブルオレンジです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください