流水で洗いゆでれば不安物質を軽減できる「ピーマン」

  1. 流水の下で手でこすり洗いする。縦半分に切り、再び流水の下で種を取り除く。
  2. 細切りにする。細く切れば切るはど、より高い除毒効果が期待できる。
  3. 沸騰した湯に入れ、約330秒さっとゆでこぼす。最後に冷水で冷やす。

ピーマンは有害物質残留の不安が大きい野菜のひとつ。ハウス栽培が多く、農薬をたくさん使っている可能性が高いため、しっかりとした下ごしらえが必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください