えび 背わた 取る方法 理由 背わたには危険物質が多

Pocket

えびの 背わた 取る 方法 理由 です。 背わた とは えび 類の背中にある腸管のこと。殻ごしに透けて見える、黒い線です。ちなみに、生の えび を冷凍するときは、背わたを取り除いて下処理してから冷凍しましょう。
水にさらす時間が短いほど、えび の味わいが落ちにくくなります。

えび は子供~大人まで人気の食材です。安全でおいしく食べるには下処理がとても重要です。また、最近は国産の えび はほとんど流通していないことからも海外産のものがほとんどです。下処理を怠るのはとても危険です。えび の 背わた を取るのはとても簡単です。また、背わた を取り除く時間がない人は、背わた を取り除いた下処理済みみの えび を購入しましょう。

えび 背わた

えび 背わた

えび 背わた は消化器官などの内臓ですので、有機水銀などの不安があるので気をつけましょう。

例外的に、せわたを取ることが困難な小型のえびなどを調理する場合、そのままでも良いですし、気になるのでしたら背中に切り込みを入れて洗うという方法も良いと思います。ある程度のサイズで えび 背わた を取り除けるものは取り除きます。

また えび 背わた は、砂が混ざっていたり、臭みのもとになったりします。有害物質の心配だけでなく背わた をとることでおいしく仕上がるという点も忘れてはいけません。一手間で上質な仕上がりになります。ちなみに甘えびの背わたはとらなくていいです。

えび 背わた 取る方法は簡単

背わた を知らずにお腹側の筋を取っていた という方も中は要注意です。お腹側にも確かに黒っぽい様な薄い筋が通っておりますが、こちらは神経です。取る必要はありません。

えび の腹わたと言われる部分は背中に走っており、ここを取り除かなければなりません。えび は海底に生息していて、砂に潜るといった習性のある種類は、背わたを取らないと腸に砂がたまっているといったことがあります。

また、えび のしっぽを全て取り除く場合には問題ないですが、しっぽの先に汚れた水が溜まっている事があるので、しっぽの先を切り落とすか、包丁でしっぽをしごいて中の水を出しておく事も下処理として必要です。えびのしっぽは残す場合はいいのですが、しっぽも食べてしまう場合は要注意です。

殻付きの えび の場合、えび を丸く曲げて、背中の、頭から 2 つ目の節あたりから竹串やつまようじを入れて引き抜きます。最初は途中で切れてしまったりしますが慣れてくると全部取り除けるようになります。

  1. えび の殻をむき、しっぽから一節目あたりに爪楊枝を入れ、背わたを探します。
  2. 爪楊枝を引き抜き、えび の身を破り、背わたの端も引き出します。
  3. 背わたを爪楊枝でくるくる巻き取りながら引き抜きます。
背わた はいつとる

背わたを取るタイミングは、加熱前の下ごしらえとして行うことが多いです。加熱後は包丁で切り込みを入れてしか背わたを除くことができないので、そういった理由から加熱前の背わた取りのほうが一般的かと思います。

えび 背わた の 有害物質 有機水銀

えび 背わた には有機水銀などの不安があるので気をつけましょう。有機水銀は、水銀原子に炭素が結合した化合物の総称。

水銀に結合するアルキル基(メチル基など)またはアリール基(フェニル基など)の数は1つまたは2つですが、医薬・農薬に利用されるのはアルキル基またはアリール基が1つの化合物です。有機水銀は無機水銀に比べて毒性が強く、特にアルキル水銀の中枢神経への作用は特異的です。

えびを使った料理は多数ありますが、天ぶら、フライ、コキール、チリソースなど、和・洋・中華、すべてのジャンルの料理によく使われている えび ですが、どの料理でも、背わたをきちんととり除いて使うことが、安全のポイントです。

 

農薬・添加物

えび 背わた 処理済み

殻・背わた処理済の 冷凍 むき えび です。そのまま調理可能できます。

/div>

  • ミャンマー産 むきエビ 1kg(50~60尾)加熱用。 名の通り高品質な良品の養殖バナメイエビです。
  • 【良品のバナメイ剥き海老】 ミャンマーの完全自治池で養殖された活原料のバナメイエビを使用しました。通常より大型で食べ応えがあることが特長です。
  • 【無保水・下処理済み】 お料理に使いやすく、背わた・殻・尾を取り除いています。 鮮度維持に注意を払い、エビがもともと保つ水分を守ることで、 素材の良さを活かす無保水のままムキエビにしています。
  • 【おすすめレシピ】大ぶりでしっとりとした食感・甘味があります。 炒め物(卵とじ・野菜炒め)天ぷら フリット 中華料理(エビチリ・エビマヨ)など主菜として。 酒蒸し アヒージョ ボイルしてサラダ アボカドシュリンプなど前菜に。 カレー 焼きそば パッタイ 炒飯 ラーメンの主食の具材として便利にお使い頂けます。
  • 【ご利用シーン】 必要分を取り出せるバラ凍結なので、食品ロスの心配なし。 買い物に行けない忙しい日々の常備食材としておすすめします。 毎日のおかず・お弁当・おもてなしなど幅広い用途にお使いください。

解凍方法
表面の氷を落とし、表面が柔らかい程度の半解凍状態から加熱調理してください。

保存方法・賞味期限
ご家庭用冷凍庫の場合。開け閉めによる温度変化を考慮して、一ヶ月での食べきりを推奨しております。
※到着後は速やかに冷凍庫で保存してください。
解凍後の再冷凍は品質を損ないます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください