黄色い脂肪を取って念入りに血抜き「レバー」

肝臓(レバー)は、体内に入った有害物質の解毒を行う役割をもった臓器です。そのため、殺菌剤や抗生物質、ホルモン剤が蓄積している可能性があります。

  1. 黄色い脂肪を手で取り除いて、流水でさっと洗う。脂肪を取り除くことで不安が軽減する。
  2. ボウルに塩水を用意して、レバーをいれる。軽くもみ洗いをしたら、新しい塩水にかえる。
  3. 約30分、新しい塩水につけておいて、血抜きをする。最後に流水でよくすすぐ。
  4. さらに高い除毒効果を求めるなら、しょうゆ味の調味液につけるのもよい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください