どんな料理でも一度湯通しして除毒してから「挽肉」

ひき肉は、赤身と脂身を一緒にひいて作られます。そのため、有害物質残留の不安が大きい脂身を、あらかじめ取り除くことができないのが難点です。

湯通し

  1. こし器にひき肉を入れる。沸騰した湯にこし器ごとつけて、さっと湯通しをする。
  2. 脂肪が湯に浮いてきたら、取り出して租熱をとる。有害物質の不安が大きい脂肪分が落ちる。

除毒効果の高い湯通し

  1. ハンバーグや肉だんごを作る場合は、まず通常どおり種を作り、こねて成型する。
  2. 沸騰した湯に入れ、浮いてきたら湧から出す。脂肪分とともに有害物質が溶出する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください