豚肉は水からゆでて脂肪をしっかり落とす「豚肉」

牛肉と同様に、豚肉の不安点も脂肪です。農薬やホルモン剤、抗菌剤などが脂肪に凝縮し、蓄稚されている可能性があります。脂身を取り除けば安心です。

  1. 有害物質が蓄積している可能性が高い脂身の部分は、包丁で切って取り除く。
  2. 煮込み料割こ豚肉を使う場合には、煮込んでいる最中にアクをしっかりと取り除く。

下ごしらえの除毒が大切

牛肉の下ごしらえと同じように、とにかく脂肪分を取り除くことが大切です。牛肉は沸騰したお湯で湯通しをしますが、豚肉の場合、水からゆでたほうが脂肪が溶けだしやすいようです。
アクをよくとりながらゆでたら、できれば一晩おきましょう。一晩冷やすことで表面にびっしりと脂肪分のかたまりが現れます。この脂肪分には、飼料に残留していた農薬や、成長過程で投与された抗菌剤といった不安物質が凝縮されている可能性が高いです。これをしっかり取り除くことで、だいぶ不安が軽減し、料理もさっぱりとした仕上がりになります。

赤身のもも肉など、一見脂肪分が少なく見える豚肉も、しっかり下ごしらえしましょう。薄切りにしでからゆでることで脂肪分が半分以上減ることもあると、実験でわかっています。
調味液につけるのは少し手間のようですが、はじめから生姜焼きの調味液につければ、あとは焼くだけで生姜焼きのできありです。
また、味噌や酒粕でつけた豚肉も、焼くだけで立派な主菜になるのでおすすめ。ただし、不安物質が溶出した漬け汁や味噌は必ず一度捨てましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください