具材に添加物が多く含まれている菓子パン、サンドウィッチ

手軽に食べることができるので、早く済ませたい昼食やちょっと小腹が空いたときなど、また子供のおやつに、菓子パンを食べることもあるでしょう。

どこでも買えるし、最近のパン類は見た目にもおいしそうだし、つい手を伸ばすこともあります。しかし、こういったパン類にも、添加物はけっこう使われているのです。

菓子パンの不安

クリームパンやチョコクリームパンには、中のクリームやチョコレートが腐敗するのを防ぐためのソルビン酸Kという保存料をはじめ、添加物がいろいろ使用されています。ほかにも、ソーセージやカレー入りのパン、ピザ風のパンなどの調理パン類がありますが、こういったパンにも同じように保存料や添加物が使われています。

しかし、なかにはほとんど添加物が使われていないパンもありますから、やはり、パッケージの表示をよく確認することが大事です。

比較的安心なのは、あんパンです。それは、あんこのもとのあずきに腐敗を防ぐ働きがあって、保存料を使う必要がないからです。

それなら、街のパン屋さんのできたてのパンなら安心、思うかもしれません。確かに、スーパーマーケットやコンビニエンスストアに並べられているパンと比べると、保存料の面では安心かもしれません。ただ、パン屋さんのパンはパックされていないものが多く、それらには表示の義務はありませんので、まったく問題なしとはいえないのです。

サンドウィッチの不安

お総菜系からスイーツ系までさまざまな種類の具材が挟まれているサンドウィッチ。こちらも、昼食やおやつに食べる人が多いでしょう。

原材料名を見てみると、このサンドウィッチにも、添加物がいろいろ使われています。心配なのはパン生地よりも具材のほうです。よくあるのは、グリシンという添加物。グリシンはさまざまな加工食品に使われているものですが、調味料として、保存料として、酸化防腐剤として、など、使う目的も多いのです。

不安が指摘されているものですから、できれば避けたいところです。時間があるようなら、好きな具材をたくさん挟んだサンドウィッチを手作りするのが一番安心ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください