菓子パン サンドイッチ 危険性 具材に添加物が多く含まれている

菓子パン サンドイッチ 危険性 具材に添加物が多く含まれている ので注意しなければいけません。手軽においしく食べられる 菓子パン サンドイッチ も選ぶ際に十分にきをつけたほうがいいでしょう。菓子パン サンドイッチに含まれる添加物について紹介します。

手軽に食べることができるので、早く済ませたい昼食やちょっと小腹が空いたときなど、また子供のおやつに、菓子パンを食べることもあるでしょう。

どこでも買えるし、最近のパン類は見た目にもおいしそうだし、つい手を伸ばすこともあります。しかし、こういったパン類にも、添加物はけっこう使われているのです。

菓子パン サンドイッチの不安

菓子パン サンドイッチ 危険性

菓子パン サンドイッチ 危険性

食べる機会が多くなった菓子パン サンドイッチ のそれぞれの不安についてです。

菓子パンの不安

クリームパンやチョコクリームパンには、中のクリームやチョコレートが腐敗するのを防ぐためのソルビン酸K という保存料をはじめ、添加物がいろいろ使用されています。

ソルビン酸Kは、保存料ですが、細菌やカビの発生・増殖を抑える働きがあるため、腐敗防止として、よく使用されている食品添加物の1つです。

菌はどこにでもいるため、その菌が食品について、増殖をすると、食中毒などの危険性があるため、コンビニやスーパーのお惣菜やお弁当などにも、このソルビン酸カリウムなどの防腐剤や保存料が、頻繁に使用されるようです。

ほかにも、ソーセージやカレー入りのパン、ピザ風のパンなどの調理パン類がありますが、こういったパンにも同じように保存料や添加物が使われています。

しかし、なかにはほとんど添加物が使われていないパンもありますから、やはり、パッケージの表示をよく確認することが大事です。

比較的安心なのは、あんパンです。それは、あんこのもとのあずきに腐敗を防ぐ働きがあって、保存料を使う必要がないからです。

それなら、街のパン屋さんのできたてのパンなら安心、思うかもしれません。確かに、スーパーマーケットやコンビニエンスストアに並べられているパンと比べると、保存料の面では安心かもしれません。ただ、パン屋さんのパンはパックされていないものが多く、それらには表示の義務はありませんので、まったく問題なしとはいえないのです。

サンドイッチの不安

お総菜系からスイーツ系までさまざまな種類の具材が挟まれているサンドウィッチ。こちらも、昼食やおやつに食べる人が多いでしょう。

原材料名を見てみると、このサンドイッチにも、添加物がいろいろ使われています。心配なのはパン生地よりも具材のほうです。よくあるのは、グリシンという添加物。グリシンはさまざまな加工食品に使われているものですが、調味料として、保存料として、酸化防腐剤として、など、使う目的も多いのです。

不安が指摘されているものですから、できれば避けたいところです。時間があるようなら、好きな具材をたくさん挟んだサンドイッチを手作りするのが一番安心ですね。

主食類

コンセプト 商品写真 オリーブオイル 福田製パン 福田製パン 【製造工場について】
製造は佐賀県の福田製パン。学校給食のパンを50年以上提供している老舗の製パン会社です。全粒粉パンも製造開始から20年以上の大ベテラン。全粒粉ブームが来るはるか昔から地元の皆様に愛されていました。ただ単に美味しいだけではなくて、身体に良いことを大切にしています。お客様に、なお美味しいと言って頂けるような商品を作っていきたいと思っているのが、こだわりです。 水素水 【水素水を使用】
水素水を使うメリットとして、日持ちもよく、生地に対するダメージも少なく、ミキシングした時も水分量がよく入ります。全粒粉食パンは通常の食パンと比べて水分含有量が少ないです。水分量はもっちり感を出すために大切なもの。水素水を使用したことで通常の水より3%~4%多い水分量を実現できました。 全粒粉小麦 【九州産 全粒粉小麦使用】
パンの材料で多いのはもちろん小麦です。この小麦が良いものでなければ、他の材料の良さもなくなります。九州産(福岡・佐賀・熊本)の全粒粉を使用していることはBASIC BAKERYがこだわっていることの一つです。 ココナッツオイル 【バターの代わりにココナッツオイルを使用】
全粒粉食パンの試作段階では、バターを使用していました。しかしBASIC BAKERYのコンセプトである「シンプルな素材で健康的なパンを提供する」を実現するために、ココナッツオイルを採用しました。バターのほうがふっくら感が出るのですが、試行錯誤によりココナッツオイルでも同等のふっくら感を出すことに成功いたしました。 花見糖・シママース 【花見糖】
国産さとうきび本来の風味が凝縮されています。さとうきびのミネラルをそのまま残しています。 【シママース】
昔ながらの製法「平釜」で薪による手作りで製造されています。沖縄の透き通った海水で時間と手間をかけてゆっくり再結晶されており、荒目の塩、塩化ナトリウムを主成分にニガリ成分のカルシウム、マグネシウム、カリウムをバランスよく含んでいます。 鮮度 【鮮度へのこだわり】
・冷凍用袋の導入(冷凍焼け防止加工)
・パン製造から粗熱を取った後、急速冷凍保存
・配送直前まで冷凍保存
・配送前に霜付着チェック

【水素水を使用】
水素水を使うメリットとして、日持ちもよく、生地に対するダメージも少なく、ミキシングした時も水分量がよく入ります。全粒粉食パンは通常の食パンと比べて水分含有量が少ないです。水分量はもっちり感を出すために大切なもの。水素水を使用したことで通常の水より3%~4%多い水分量を実現できました。

九州産 全粒粉小麦使用】
パンの材料で多いのはもちろん小麦です。この小麦が良いものでなければ、他の材料の良さもなくなります。九州産(福岡・佐賀・熊本)の全粒粉を使用していることはBASIC BAKERYがこだわっていることの一つです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください