添加物も容器も不安なカップめん

日本ではジャンクフードの代表とされているカップめん。料理をする時間がないときだけでなく、さまざまな場面で利用されていることでしょう。

しかし、このカップめん類には危険がいくつかあり、安全に食べるには工夫と注意が必要です。

まず、食品添加物で気になるのは、よく目にするリン酸塩。リン酸塩は品質改良剤や結着剤として使用されていますが、たくさん摂取してしまうと骨を弱くし、鉄分が吸収されるのを邪魔して、貧血を招く危険があります。昔よりは、あまり使われなくなってきてはいるようですが、注意が必要です。

そのほか、増粘多糖類や植物タンパクも気になるところです。増粘多糖類には、発ガン性の不安があるカラギーナンという増粘剤が使われている可能性があります。植物タンパクにはそのものにリン酸塩が使われていることが多く、原材料名に表示されていなくても心配があります。できるだけ、こういった添加物が使用されていないものを選ぶとよいです。

少しでも安全に食べるように食べ方を工夫する

続いては、容器の問題です。カップめん類の容器にはたいてい発泡スチロールが使われていますが、この発泡スチロールからは、スチレントリマーやスチレンダイマーといった環境ホルモンが溶け出すことが問題となっているのです。これらの環境ホルモンには、私たちの生殖機能に影響して、遺伝子の障害を引き起こす可能性があります。どの程度影響するのかということは、はっきりとわかってはいないようですが、危険な可能性があるものはできるだけ避けたほうがよいでしょう。

環境ホルモンは油に溶け出しやすい性質なので、もしも発泡スチロールのカップめんを選ぶなら、中身が通常の油で揚げられているめんよりは、ノンフライめんと表示されているもののほうがまだよいです。

容器は容器でも、紙の容器が使われているカップめんもあり、発泡スチロールよりは危険が少ないです。

そして、少しでも安心して食べるには、熱湯によって環境ホルモンが溶け出すのを防ぐために、容器にそのまま直接熱湯を入れるのではなく、陶器のどんぶりなどに移して食べることです。また、容器に熱湯を入れた場合には、1分経ったら、そのお湯を一度捨てましょう。こうすると、添加物の一部がお湯に溶け出します。かやくや調味料を入れたらもう一度お湯を入れ、3分待つものなら、あと2分待ちます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください