添加物が多いお弁当、おにぎり

手軽でも頻繁に食べないほうがよい

忙しく毎日を過ごしている人には、とても便利なお弁当類やおにぎり。コンビニエンスストアやスーパーマーケットなどで、気軽に購入することができるし、大人も子供も問わず、ずいぶん多くの人が利用することでしょう。

しかし、これらは、裏の表示をみるとわかるように、不安な添加物の宝庫なのです。

おかずのからあげやハンバーグ、カツなどには脂肪分が多いし、実はあまり質の良くない油が使われています。また、塩分も割と多く、全体的に味つけが濃くなっています。最近のお弁当類は健康志向でつくられているものも増えましたが、やはり野菜が少なめです。

そして、お弁当というとだいたいプラスチックの容器に入っていますが、持ち帰り弁当の容器には、ポリカーボネート製がよく見られます。ビスフェノールAという環境ホルモンが溶け出す恐れがあるので、その容器のままレンジで温めてはいけません。ちょっと面倒でも、お皿などに移してから温めましょう。

ご飯ものといえば、おにぎりやお寿司もあります。こういったものにも、ソルビン酸という保存料やタール系色素という着色料、ステビア、グリシンという甘味料など、多くの添加物が使われています。

忙しさのあまり、ゆっくり味わって食べていられないという人もいるでしょうが、こうした手軽なものは、健康のためには良いとはいえません。ですから、できることなら頻繁には食べないほうがよいでしょう。

それでも、どうしても頻繁にお弁当を買ってしまう、という人は、サラダや味噌汁を一緒に食べるようにしましょう。職場で食べるなら、味噌汁はインスタントのものでも大丈夫です。これらに含まれる食物繊維やビタミンC、カルシウムなどが添加物の害を防いだり、減らしてくれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください