残留塩素や有害物質が気になる水道水

自分の家で飲んでいる水は、安全でおいしい水でしょうか?なかには、浄水器を利用しているという人や、いつもペットボトルの水を購入して飲んでいる、という人もいると思いますが、自分が暮らす家の水道水を飲むなら、安心して飲めるおいしい水がいいですよね。そこで、安心でおいしい水を飲むポイントを挙げます。

  • 朝一番の水は飲まないこと。
  • 前日の夜に汲んでおくこと。
  • 5分以上煮沸すること。

まず1つめは、「朝一番の水は飲まない」ですが、夜間パイプにたまっていた水には、水道管の鉄や亜鉛、銅、鉛などが溶け出していることが不安です。朝起きてきて水道の蛇口をひねったら、できれば、軽くバケツ一杯分くらいは、飲み水として使わないほうがいいです。捨てるのがもったいないという人は、例えば、洗濯の水に使ったり、植木にあげたり、打ち水に使ったりなど、雑用の水として使うのがいいでしょう。

2つめは、前日の夜にやかんなどに水を汲んでおいておくことです。水道水には残留塩素によるカルキ臭がありますが、前日に汲んでおいて時間が経てば、塩素がとぶので臭いがとれます。

日本では水道水に湖や川の水が水源として多く利用されているのですが、病原性微生物などが存在しているので、浄水場で有害な物質が取り除かれて、塩素によって消毒されています。このように、残留塩素は雑菌の繁殖を防ぐので感染症予防の点からはとても重要なものということになりますが、塩素によって水が消毒されることで、独特の臭いや味がついてしまい、飲用の際には本来の水のおいしさが失われてしまうのです。

煮沸して有害物質を除去する

そして、3つめは、沸騰した水道水をそのまま5分以上沸かしておくことです。水道水には、水道水の中の有機物と塩素剤が反応してできる「トリハロメタン」という物質が含まれます。トリハロメタンは、発ガン性や環境ホルモンが疑われているものです。 しかし、揮発性なため、しばらく沸騰させておくと蒸発します。

ここで大切なのは、5分以上の「以上」というところです。沸騰したら、やかんの蓋をはずし、そのまま5分以上沸かし続けます。トリハロメタンは沸点でいったん増加してしまうので、そこで止めないよう注意しましょう。それから揮発して減っていくので、煮沸を続けるのが必要なのです。面倒に思うかもしれませんが、飲み水に使うなら、一度煮沸してから冷やして飲むのが一番安心です。

都会の水道水がおいしくないわけはこちらです。さらに水道水に含まれる発がん物質についてはこちらに詳細が紹介されています。もはや、個人レベルで安全なもの、危険なものをしっかり分けて取捨選択しないと大変なことになる時代です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください