飲み過ぎはポリフェノール効果も台無しに「ワイン」

適量ならばアンチエイジンクにも抜群の効果

チェックするのは、原材料名の表示に「保存料(ソルビン酸K)」が入っていないかどうか。近頃は、この添加物を使っていないワインが増えてきたので、こちらを選ぶこと。

ほかに気になる添加物といえば、酸化防止剤の「亜硫酸塩」。どのワインにも、必ずといってよいほど添加されています。しかし、亜硫酸塩は1000年以上使われてきた歴史があります。

経験科学からいつて、まあ、安心と考えてよいでしょう。最近では、「酸化防止剤無添加」の国産ワインもスーパ1ーで売られるようになりました。ただし、このタイプは、当然ながら長期保存には向きません。

さて、赤ワインには、活性酸素の害(発ガン性・老化の促進) を防ぐ「ポリフェノール成分」が含まれているということもあって、年代を問わずブームに。でも、「どうも赤ワインの味になじめない……」という人は、ポリフェノールの含有量は少なくなりますが、飲みやすいロゼをすすめます。

ただ、ワインも飲みすぎには注意を。飲みすぎると、結局はアルコールによって肝臓で活性酸素がぐんと増えてしまいます。これでは、かえってマイナス。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください