輸入材料が使われている茹でめん類

家庭でうどんやそばを食べるとき、一度茹でられている麺を買ってくることはありませんか。乾麺と違って調理時間が少なくて済むので、茹でてある麺はとても便利です。

しかし、その状態で販売されている麺類の小麦粉やそば粉には、輸入ものが使われていることが多いのです。例えば、そば粉なら「信州」や「更科」などと国内産の表示であったとしても、実際には輸入ものの場合があります。

国内産の表示でも心配な場合がある

原産国というのは中身に実質的な変更を加えた国というような規定があって、外国産だとしても、粉をこねて麺にした場所が日本国内なら、国内産と表示してもよいことになっているのです。

外国産で輸入されている小麦粉やそば粉は、国内産の粉と比べて弾力が無いため、添加物のリン酸塩などが使われていることが多くなっています。ですから、茹でてある麺を食べる場合には、そのまま出し汁の中に入れてしまうのではなく、一度サッと茹でるか、せめて熱湯をかけ湯通ししてから使いましょう。

ただ、茹でめんに添加物が使われているとしても、具材にわかめを使うと良いです。わかめの食物繊維には添加物を体外へ排出するはたらきがあるので、不安は少し減ります。さらに、カルシウムが多く含まれているため、添加物が入っていても、カルシウムのバランスを取り戻せます。

できれば、国内産粉100パーセント使用と表示されているものを選ぶと安心できます。

ちなみに、昔ながらの乾麺のほうが安心です。乾燥した棒状のうどんやそばには、まず添加物は使用されていません。それに、茹でる時間が長いので、添加物などが入っていてもお湯に溶け出します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください