惣菜 危険 添加物に注意する リン酸塩、甘草など

総菜 危険 には具体的にどんな危険性があるのでしょうか?またその危険性を少しでも低減するにはどうしたらいいでしょうか? 体によさそうな 惣菜 煮物 ですが、、保存料などの添加物がけっこう入つていることがわかります。たとえば、総菜の代表「きんぴら」の原材料名の表示を見ても、「リン酸(Na)」、甘味料の「甘草」などの不安な添加物が使われていたりします。

惣菜 危険 味噌汁の解毒作用を活用する

惣菜 危険

惣菜 危険

和風の煮ものは「お袋の味」の代表格。添加物など使わない、昔ながらのおかずのイメージが強いのですが、スーパーやコンビニなどで売られている惣菜 煮もの は、ちょっと違います。

パッケージの裏の原材科名の表示をよく見ると、保存料などの添加物がけっこう入っていることがわかります。

惣菜 ( きんぴら ) の危険となる添加物

たとえば、惣菜の代表「きんぴら」の原材料名の表示を見ても 「 リン酸(Na) 」、甘味料の 「 甘草 」 などの不安な添加物が使われていたりします。

リン酸塩は、食感の矯正、増量剤としてや、ビタミンCの分解防止、着色料など色素の変色の防止など、様々な用途で使用されています。

そのため、多岐に渡る食材に使用され、ハムやソーセージ、インスタントラーメン、ツナフレークやプロセスチーズ、はんぺんや炭酸飲料水など、加工食品にはほぼ使用されていると言っても過言ではなく、それ以外にも様々な食品に含まれている食品添加物です。

また、ファミリーレストランなどで、よく見かける、飲み放題のコーヒーなどにも、増量剤として使用されていることが多いようです。

リン酸(Na) などはハムなどによく使われる添加物ですが、野菜と一緒にとるとこのリン酸(Na)の害を排泄してくれます。

野菜の中でもとくにキャベツのカルシウムは吸収されやすいので、リン酸(Na)の害を防ぐのに最適。

ちなみにリン酸(Na)は、たくさん摂るとカルシウムのバランスをくずして骨を弱くし、鉄分の吸収のじゃまをして貧血をまねくといわれています。食べ過ぎには注意しなければいけません。

このほか、よく見かける不安添加物に、保存料の 「ソルビン酸K」  甘味料の 「 ステビア 」 などがあります。

さらに、ごぼうやれんこんといった根菜類は、アクを取るために「次亜塩酸ナトリウム」という添加物で漂白しているスーパーなどもあります。

また、きんぴらごぼうなどに使われる油も信用できないものを使っているところが多いです。要注意です。

安心の 無添加 惣菜もある

ところで、同じきんぴらでも、「 調味料 ( アミノ酸等 ) 」すら入っていない優秀な惣菜・煮物も出回るようになってきました。表示をよく見て、安心なものを探してください。また、そういった添加物を使用しないことを売りにしているお惣菜屋さんも増えてきましたのでそういったお店を故意にするといいでしょう。

安心度を少しでも高めるために、市販の惣菜を食べるときは、みそ汁も一緒にとることを忘れずに。発酵食品であるみそは免疫力を高める力にすぐれており、また大豆に含まれるポリフェノールが強い抗酸化作用を発揮するからです。

また、みそ汁の具には、カルシウムや食物繊維、解毒のビタミンA 、C、E をたっぷり含んだわかめやほうれんそうなどをたくさん入れましょう。市販の惣菜・煮ものによく使われるリン酸塩などの添加物の害を消してくれます。

レトルト 惣菜 肉 魚 野菜 おかず 12食 詰め合わせ セット 膳 レトルト食品 お惣菜 常温保存 国産乾燥野菜

G7 レトルト 惣菜 肉 魚 野菜 の 和風 煮物 おかず 21種から12食 選べる 詰め合わせ セット 食べきりサイズ の おかずセット です。 湯煎 や レンジ で 温めるだけ 簡単 調理 そのまま 常温 でも 美味しい 時短ごはん 簡単おかず 。

加工食品 おかず

ちなみに味噌は乳がんも抑制します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください