下ごしらえで安全にチンゲンサイ

葉は1枚1枚ていねいに洗うことが肝心

チンゲンサイは、日本でも人気の高い中国野菜。1年をとおして旬の野菜です。歯切れのよさと緑の美しさが人気で、家庭ではクリーム煮や妙めものなどの調理法で親しまれています。くせがなく料理に使うにも重宝します。

ビタミン、ミネラルのほか、とくにカルシウムが豊富で、添加物のリン酸塩の害を防ぐのに役立ちます。安全なものを選ぶコツは、茎の部分がツヤツヤしていて張りがあること。

これまでチンゲンサイは農薬の心配がほとんどないので、根元だけ切りとってサッと洗えばよいと考えられてきました。ところが、ここへきて、土壌に含まれるダイオキシンも心配の種になています。その不安をとり除くために、根元を深めに切って、葉を1枚1枚はがして洗います。これが下ごしらえのポイントです。

流水の中で、茎の内側の泥をていねいに落としながら洗いましょう。泥を落とせば、残る心配は、葉に付着したり、表皮の下のクチクラ層にしみこんだものだけ。そこで、手間を惜しまず、葉を適当に切ってゆでこぼします。

洗うだけでは落とせなかった農薬やダイオキシンも、こうすればお湯の中に溶けだしてしまうため、さらに安全が増すのです。ナンゲンサイはくせがないため、ゆでたあと、水にさらす必要はなし。ザルにとったら、すぐお皿などに広げて手早く冷ましてから調理にとりかかります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください