輸入ものに注意が必要なレモン

ポストハーベスト農薬の使用が心配

レモンはとても爽やかな香りがしますが、これは皮によるところが大きいです。レモンの皮には、抗酸化作用をもつポリフェノール成分が含まれています。

しかし、日本にはアメリカなどからの輸入レモンが多くて、口にするには、あまり安全ではありません。国内産のレモンが出まわることも増えてはきましたが、ほとんどは輸入ものです。輸入レモンには、カビを防ぐためや、ヘタの落下を防ぐためのポストハーベスト農薬がワックス処理の段階で使われているので、安全性が心配されます。

皮ごと使いたいときは、できれば農薬の入ったものは避けたいところです。輸入レモンの場合には、塩を使ってワックスをこすり落とし、水洗いしてから使うか、「ノーワックス」などの表示がある輸入レモンや国内産のレモンを使うのがおすすめです。

皮をむいて果肉だけ使うのが良い

レモンは、皮ごと輪切りにして料理などに添えると見た目にもとても美しいものですが、レモンの皮の表面についた農薬が心配です。輸入レモンで気になる人は、皮をむいて中身だけを使うと良いでしょう。

まずは、水で流しながらレモンをこすり洗いして、表皮の食品添加物を減らします。そして皮をむくことで、水洗いだけでは落とせない防カビ剤などを取り去りましょう。防カビ剤などの不安な物質は、果肉にまでは染みこみません。紅茶や料理の付け合わせに使うのに、皮をむいたレモンをスライスして果汁をしぼれば、安全度は高くなります。

お店で注文して、すでにカップなどに浮かべてあるレモンスライスは、入れっぱなしにしないで早く引き上げます。時間が長く経つほど薬品がたくさん溶け出すので、こうして、少しでも防ぐのです。

レモンを口にするときは国産品を購入するようにしましょう!

「疲労・倦怠感・夏ばて」レモン、にんにく、生姜で疲労回復の3種の神器

「輸入ものに注意が必要なレモン」への2件のフィードバック

  1. ピンバック: 肌荒れ便秘治って、痩せやすい体ゲット「1日1個”レモン習慣”」のススメ | Beauty – 美容・ネイル –
  2. ピンバック: 肌荒れ便秘治って、痩せやすい体ゲット「1日1個”レモン習慣”」のススメ | ラブミーモア|もっと大好きな自分へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください