バナナは上部分1センチを切り落として食べる

フィリピン産よりも台湾産のほうが安心

熱帯植物のバナナですが、バナナがまだ高級な果物で、遠足に持っていくとちょっとステータスだつた昔は台湾産のものがほとんどでしたが、最近出回つているのはフィリピン産です。
全体の8割を占めています。しかし、安全という点からすると、ベノミルなどの殺菌剤や、TBZ、イマザリルなどの防カビ剤を使っているフィリピン産よりも、防腐剤にみょうばんを使っている台湾産のほうが安心で、おすすめです。

バナナは1年中出回っており、旬はありません。農薬の心配ですが、バナナの場合、ほとんど皮の部分にしか残りません。

ですから、皮をむけばいいのですが、ここで1つ大きな問題が。バナナは軸が腐ってしまうのを防ぐために、収穫後に防腐剤や防カビ剤などを使うことが多いのです。

こうした農薬は、軸に近い果肉の部分にしみこんでいることがあります。ちなみに軸とは、バナナを食べるとき上になる部分。ですから、皮をむいたら、上から1センチほど切り落として食べます。これが安心のポイントです。1センチ以上先まで農薬がしみこむことはないので、これで大丈夫。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください