メロンは農薬の使用が比較的少なくて栽培される

皮のぎりぎりまでしつこく食べない習慣をつける

メロンは果物の中では、農薬をあまり使っていない安心なものです。なぜかというと、農薬を多量に使わなければならないような条件のもとでは、メロンは育たないからです。

しかも、温室またはどニールハウス栽培が多いので、ダイオキシンの心配もそれほどありません。とくに、旬の時期は安全。プリンスメロンとアンデス
メロンの旬は、5~6月。
アムスメロンは6~7月が旬です。当たり前の話ですが、安心な食べ方は、皮を残して食べること。おいしいと、皮ぎりぎりまでスプーンですくって食べたりするものです。

ところが、ここまで食べるのは、ちょっと不安です。子どもさんには、あまり皮の近くまで食べないように、皮と実の間を、あらかじめナイフでカットしてあげるとよいでしょう。

選び方としては、プリンスメロンは「白っぽくく中玉以上の大きさのもの」、綱のあるメロンは「網がよく張っているもの」がよいのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください