ぶどう 危険性 粒ごと口に入れるのは危険

Pocket

ぶどう 危険性 粒ごと口に入れるのは危険 よく洗うことが肝心なのは言うまでもありません。まず、ボウルにぶどうの房を入れ、水を流しながら 10 分ぐらいつけておきます。つぎに、ぶどうをザルにとり、水を流しながら、ザルを 5 回ほどゆすってふり洗い。

これで、表皮に残った農薬やダイオキシンはずいぶん減らすことができます。

ぶどう 危険性 を避けるには皮を口につけないように極力注意する

ぶどう 危険性

ぶどう 危険性

皮のまま口に入れるのはリスク

ぶどうを皮ごと食べる人はいないと思いますが、それでも小粒のものは、粒ごと口に入れ、皮をプツと吐きだすような食べ方をする人もいます。でも、この食べ方はちょっと危険。

皮ごと口の中に入れて噛むのはダメ。ぶどうの表皮や表皮下のクチクラ層には、殺虫剤などの農薬が残っているので、ここから殺虫剤がにじみでてくる可能性があります。

ぶどう 残留農薬 を落とす  洗い方

どうは他の果実類に比べて残留農薬の量が多いことで知られていますが、その大半は皮に付着しています。そのため、皮を剥いて食べれば農薬を口にするおそれはほとんどなく、それほど神経質になる必要はないでしょう。

ただし、海外では皮ごと食べるのが一般的なので、外国産のぶどうの中には皮がむきにくいものも存在します。皮をきれいに取らないと残留農薬を口にしてしまう可能性もあるので、外国産のぶどうは農薬を落としてから食べるようにしましょう。

ともかく、よく洗うことが肝心。まず、ボウルにぶどうの房を入れ、水を流しながら 10 分ぐらいつけておきます。つぎに、ぶどうをザルにとり、水を流しながら、ザルを 5 回ほどゆすってふり洗い。
これで、表皮に残った農薬やダイオキシンはずいぶん減らすことができます。ぶどうを食べるときは、皮を口につけないように極力注意する必要があります。

マスカットなど大粒のぶどうは手で皮をむきます。表皮下のクチクラ層ごととり除くことができるため安心です。小粒のぶどうは、粒を口元にもっていき、指で押すと同時に中身だけ吸いだして食べます。

さて、ぶどうの選び方。「粒がそろっていて、肩のところの粒が落ちにくいもの」を。健康に育った証拠で、農薬などの不安も少ないぶどうです。表面に白っぽい粉がついていますが、これは農薬ではなく、ブルームというロウ物質。これが多いものほど熟していて鮮度の高い証拠。ぶどうの旬は 8 ~ 10 月です。

くだもの

野菜用洗剤 ほたて貝殻焼成パウダー

国産ホタテ貝殻を砕いて焼いた焼成カルシウムを原料にした、天然素材100%の野菜や果物の除菌・洗浄剤「ホタテのおくりもの」です。
食材の表面に付着している残留農薬、防腐剤、ワックスなどや環境ホルモンは、私たちの免疫力の低下やアレルギーなどを招き、健康を損なう原因の一つになっています。
アメリカでは「食品業界が病気を作る」ともいわれています。食品に配合される食品添加物と同様に、目に見えない残留農薬・防腐剤などに注意を払い、日々安心・安全な食事を心掛けることが健康への第一歩であると言えるでしょう。
■ある調査によると標準的な栽培における農薬の使用例は、イチゴは60回、キュウリは50回、ピーマンは62回、ナスにいたっては74回と驚くべき回数になっています。(※2)

■農薬の多くは親油性で「頑固な油汚れ」と同じで、水洗いによる農薬の除去は困難であるといわれています。また、雨で流れ落ちないように、「展着剤」と呼ばれる薬剤を農薬に混ぜて野菜に貼付けて、雨で流れないようにするものも使われていたりします。

■土中の野菜にも、種子をまく前に、土壌病原菌や土壌害虫を殺すために「土壌消毒剤」、種をまいてからの雑草を枯らす「除草剤」、そして「殺菌剤」、「殺虫剤」とさまざまな薬剤が使われていることがあります。

■無農薬栽培以外は、特別栽培農産物(農薬の使用回数・化学肥料の使用量において、どちらもその地域に置ける標準使用量の5割以下にしたもの)も有機野菜・果物(日本農林規格 – JAS規格では、場合によっては31種類の農薬を使ってよいことになっている)も農薬は使われています。

■安心安全な天然素材100%
現在食材などの除菌に使われている多くは、人体に有害な化学化合物です。「ホタテのおくりもの」は、ホタテの貝殻のみを原料とした天然素材100%の安心・安全な除菌・洗浄剤で、ご家族の健康のために安心してお使い頂けます。原料は厚生労働省により安全な食品添加物に認可されています。

■残留農薬・防腐剤・ワックスの除去
「ホタテのおくりもの」は、その剥離・分解作用で、目に見えない農作物の農薬・展着剤・ワックス・防腐剤・着色料・環境ホルモン・一般生菌類などを除去することができます。効果は、水が濁ったり、油のような膜が浮き出てきたりし、目で見てもはっきりと確認できます。

■強力な除菌効果
「ホタテのおくりもの」は、天然素材ですが、塩素系の除菌剤と同等の強い除菌の能力があり、八戸工業大学をはじめとするさまざまな検査機関・研究所などで実証されています。pH12.5以上の強アルカリ性で、病原性大腸菌(O157を含む)・サルモネラ菌・黄色ブドウ球菌・水虫菌などの除菌に効果を発揮します。

■食材の鮮度保持
「ホタテのおくりもの」は、農作物の汚れを取り除くと同時に、その表面を天然素材で抗菌コーティングし、菌の繁殖を抑え、農作物の鮮度が保たれます。農作物を購入した時にまとめて洗っておくと、日持ちが良くなり通常より長く保存できるようになります。

■食材の味・食感の向上効果
「ホタテのおくりもの」は、野菜・果物の表面に付いているものを取り除きますので、本来の「うまみ」を味わえます。また、野菜がシャキシャキとなったり、食感が向上します。

■身体や環境に優しい
「ホタテのおくりもの」は、天然素材100%のため、使い終わった溶液を下水道に流すと、配水管・排水溝や河川をきれいにしながら自然に還っていきます。一般的に販売されている化学化合物配合の塩素系殺菌剤は、環境にとって有害であり、配水管や器具類を傷めたりもします。

ブドウの詳しいプロフィールはこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください