グレープフルーツはほとんどが輸入品

防カビ剤を水で流してから横半分に切る方法がペスト

グレープフルーツという名前は、木の枝になつた実がいくつも固まって、まるでぶどうのように見えることからつけられたといいます。グレープフルーツは、ほとんどが輸入される果物。

1年中、店頭で見かけますが、輸入量がピークとなる4~6月のものが産地でも旬におたり、農薬の使用量も少ないようです。もっとも、輸入果物ですから、収穫後に使用する防カビ剤など、ポストハーベスト農薬の不安があります。

そこで、安心な食べ方をご紹介しましょう。まず、水を流しながら、5回ぐらい手でこすり洗いをして、表皮についた農薬や防カビ剤を落とします。つぎに、グレープフルーツを横半分に切って、スプーンですくつて食べます。「なんだ、いつもの食べ方じゃないか」と思われるかもしれませんが、防カビ剤は果肉までしみこむことはほとんどありません。安心度からいっても、このスプーンで食べる方法、しつかり理にかなっているのです。

グレープフルーツの選び方ですが、「形が丸くて重さがあり、皮が薄いもの」を選ぶようにします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください