ハウス栽培だと残留農薬が不安ないちご

いちごは、もともと春が旬のくだものです。その季節になると、いちご狩りを楽しむ人も多いでしょう。現在ではいちごはハウスでの栽培が主流になっていて、それほど季節にとらわれず、店頭に並んでいます。

真水で洗うのがいちばんの解毒

ハウスで栽培されているいちごは、残留農薬の不安が高いのが心配なところです。いちごは病気や害虫に弱いのですが、ハウスの中は湿度が高いので病気も害虫も増えやすい状態にあります。そこで、使用する農薬の量も増えるというわけです。

農薬はある程度の量は紫外線によって分解されるのですが、ハウスだと当然紫外線の通りは悪くなります。さらに、表面が平らではないいちごは、農薬などが残りやすいのです。

いちごを安心して食べるには

いちごのように皮をむかずに食べるものは、真水でよく洗うのがいちばんです。

ボウルなどにいちごを入れ、水を流しながら5分くらい浸けておきます。そのあとザルにとって、同じように水を流しながら、5回ほどふり洗いします。

こうして、表面についた農薬やダイオキシンを落としましょう。

なお、ヘタは洗ってから取るようにします。これは、洗う前にヘタを取ってしまうと、ヘタを取った部分から、水に溶け出した農薬などの物質が再度いちごの中に入ってしまうのを防ぐためです。

いちごを洗うとき、塩をひとつまみ入れるとよいというのを聞いたことがあるでしょうか?これは、汚れが落ちやすくなるという昔の人の知恵ですが、現在では当てはまりません。

塩には内部の農薬などを引き出す力はありますが、いちごのようにそのまま食べるものの場合には、かえって、表面に付着した物質を内部に染みこませてしまう可能性があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください