健康 茶 危険 大半は中国産である

Pocket

健康 茶 危険 大半は中国産であることを忘れてはいけません。ダイエット茶を含め、体への様々な効能がある「健康茶」が販売されています。「アンチエイジング」から「がん予防」「血液浄化」まで、お茶だけでここまでの効果があるのかと疑いたくなるのですが、その人気は衰えることありません。

お茶 危険 を避ける方法は原産地表示をきちんと確かめて買うことです。国産のものを選ぶようにします。

健康 茶 危険 大半は中国産

健康 茶 危険

健康 茶 危険

ダイエット茶を含め、体への様々な効能がある「健康茶」が販売されています。「アンチエイジング」から「がん予防」「血液浄化」まで、お茶だけでここまでの効果があるのかと疑いたくなるのですが、その人気は衰えることありません。

お茶は健康的なイメージがあります。緑茶が血圧を下げるという研究データがあるほか、お茶の健康効果はときどき話題になります。もともと緑茶を飲む習慣のある日本や中国はもちろん、紅茶を飲む国でも茶葉と健康の関係について関心は高く、無数の医学論文が書かれています。

ダイエット茶の種類で多いのは、上位から挙げるとハトムギ、センナ、ギムネマ・シルベスタ、ガルシニア、プーアール、ハブ、グアバ、シソの葉、大麦、エビス草などです

問題なのは、原産地や流通、加工工程がはっきりしないものが多いことです。健康茶、ダイエット茶の大半は、中国産です。

せっかく健康増進のために 健康茶 を飲んでリスクを背負ってしまうのでは本末転倒です。

ある健康茶業者によると、「現在はだいぶ改善されましたが、多くの中国茶の場合、手作業で木の箱に入れて輸出します。

安物ほどダニが多く、クギなどのほか、干上がったカエルの死骸が入っていたこともありました。
衛生状態が悪いので、輸入後に殺菌することが不可欠なんですが、経費がかかるのでやらないところがあります。そうした健康茶が堂々とドラッグストアの安売り商品で出ています。

また、ウ一口ン茶、プーアール茶などは緑茶を何年も寝かせて半発酵させたものですが、寝かせた期間が長いほど品質が良いものです。ところが、「日本の中国茶ブームで、寝かせる期間が非常に短いものや、短期間に化学的に発酵させたものもかなり出回っています。。

ウ一口ン茶の高級品は東南アジアの華僑向けに回され、日本へは下級品か中級品が回されているのが実情です。
お茶の価値を知らずに、宣伝に振り回されていないか、もう一度見直しましょう。

健康 茶 購入時の注意点

宣伝や効能、銘柄などではなく、お茶は原産地表示をきちんと確かめて買うことです。

例えば、品質のいいごぼう茶などは安心です。

諸外国のお茶に対するとらえ方

ヨーロッパ系の人にとって緑茶は身近な食品と言うよりもエキゾチックなイメージがあり、ときには神秘的な効果を期待させ、ときにはえたいの知れない害をもたらすものとみなされているようです。

オーストラリア保健省のウェブサイトは茶葉抽出物がまれに肝障害を起こすことに注意を促しています。

サイトによれば、茶葉抽出物は多くの医薬品の成分として使われ、多くの場合は濃縮されているとのことです。おもしろいことに、このサイトでは「Camellia sinensis (green tea)」という表現が繰り返し現れます。

カメリア・シネンシスというのは茶の木の学名です。緑茶も紅茶も発酵の度合いが違うだけで、もとは同じカメリア・シネンシスなのですが、薬になったり毒になったりするのはなぜか緑茶のほうだと思われているようです。

カナダ保健省は、茶葉抽出物による肝障害のリスクを理由に、茶葉抽出物を含む製品は子供には勧めない立場をとっています。

欧州食品安全機関の資料によると、ベルギー、フランス、イタリアで、茶葉抽出物のサプリメントを飲む量に上限が指定されています。

緑茶はそんなに危なかったのでしょうか。熱いお茶でやけどを繰り返していると食道がんになるのではないか、といった議論もありますが、それはほかの飲み物にも言えることなので省きます。

肝障害については多くの報告があります。散発的な事例としては緑茶抽出物入り飲料を大量に飲み続けていた人に筋力低下が現れた例、アレルギー反応によってぜんそくが現れたなどさまざまな事例が報告されています。

もちろん、ひとりひとりについて因果関係を立証するのは非常に難しいことです。中にはたまたま隠れていた病気が見つかる直前に、お茶を飲んだだけの人もいるかもしれません。

お茶をおいしく飲むための知識

飲み物

 

タヒボ茶 末期がん患者が社会復帰した例も

タヒボ茶 の原料は、南米アマゾンに自生するノウゼンカズラ科の夕べブイア属アベラネダエ種という樹木です。
虫やカビ、コケを寄せ付けない強い殺菌力があり、これを見た古代の人々が薬用に利用し始めたとされ、古代インカ帝国の時代には、この樹木は「神の恵み」「神の光」を意味するタヒボと崇められたと言い伝えられます。

ガン末期に生じる痛みを緩和するためには、モルヒネなどの鎮痛剤が投与される場合がほとんどですが、モルヒネは習慣性があり、多く投与すると中毒を起こすことがあるなど、決して使いやすい鎮痛剤ではありません。

そこで、タヒボ茶 の鎮痛作用が末期ガン患者に使われだしたわけです。ところが、タヒボ茶の使用には思わぬ効果が見られるようになったのです。

タヒボ茶 を末期ガン患者に飲ませると、痛みが緩和されるだけではなく、体内にできた胸水や腹水がタヒボ茶の利尿作用で体外に排出されやすくなり、水が溜まりにくくなって全身状態が良化し、延命効果が目に見えて向上したのです。

タヒボ茶 | ガン患者に評判の健康食品

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です