男性の精子が減少している

環境ホルモンについてでは生殖活動に異常をきたしている自然界の野生動物について解説しましたがどうも、この現象は動物だけに限らないようです。人間にも及んでいる事実があるようです。こうした取り組みの発端は人間の男性の精子の数が減っている現象からはじまりました。様々なデータからこの50年の間に明らかに男性の精子の数がへっていることがわかってきました。

考えてみれば、人工的な化学物質がこの地上に誕生?登場?してから100年以上。そしてこのわずか50年の間に人間はたくさんの化学物質をつくり、その数は1000万種を越えるというのです。
化学物質のおかげで、生活は便利になりましたが、その一方で大気、水、土壌という自然環境にこられの化学物質が入り込み、食料や水にまで汚染されるようになってしまったのです。

具体的な数値であわらすと、1940年から1990年の間の50年間で男性の精子の数は45%も減少しているのです。そして精液の両は25%も少なくなっているのです。50年前の1940年頃には、1mlあたり約1億1300万個の精子がいたのに、最近では1mlの中に約2000万個の精子しかいないという男性も増加傾向にあります。精子の数が少ない男性は1940年と比べて3倍にもなっているのです。

ただしこうした現象が全て環境ホルモンによるものなのか、ということはまだはっきりしていません。ただし、野生動物の間では、マウス等の実験から明らかにされていますので、その延長線上という観点から見れば間違いはなさそうです。

女性が子供を産まなくなったのは、晩婚化と、社会進出にあると言われていますが、果たしてそれだけの理由ではないように思います。文化的、社会的な理由以外に科学的な観点から見れば、ほかの理由を模索したときに「環境ホルモン」にたどり着いてしまうのです。

「男性の精子が減少している」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です