栄養バランスのとれた食事

免疫力を高める

レトルト食品、加工食品の多食は、食品添加物の有害性からビタミンやミネラルなどの栄養素が不足し、栄養のアンバランスが生じてしまいます。
これらは、抵抗力を低下させてしまい、結果、病気にかかりやすい体質をつくってしまいます。

さらに、肉食、動物性食品の多食は、栄養アンバランスだけでなく油脂に含まれるダイオキシンやその他の有害物質を体内に取り込んでしまいます。

偏った食事を続けていると、有害物質を体内に取り込んでしまう以外に、ビタミンCやミネラルを十分に摂取できないので、免疫力が低下し、すでに体内にとりこんでしまった有害物質を排出する力がなくなってしまうのです。

人間にとって効果的な食事とは

人間にとって望ましい食べ物とはどんなものでしょうか?現代のように様々な種類の食品が氾濫している昨今では、それを見極めることも困難になってしまっています。

選択を誤ってしまうと、カロリー摂取が過多になってしまい、ビタミンやミネラルが不足するといったバランスの崩れてしまった栄養状態になります。

空腹になると、糖質、たんぱく質、脂質は簡単に摂取することができますが、それをうまく利用して免疫力をつけるビタミンやミネラルも同時に摂取できる食事にします。

具体的には、未精白の穀類(玄米)、豆類、種実類(ごま)などです。野菜の中でも緑黄色野菜の葉緑素(クロロフィル)やカロテンなどが環境ホルモン物質やダイオキシンを体外に排出する効果が高いので積極的にとるようにします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください