育毛剤は使わない

女性ホルモンが含まれる育毛剤も

TVCMでさかんに流れている育毛剤や増毛など。男性向け、女性向け、どちらもあり対象も多様化しています。

育毛剤、養毛剤、どちらも各社が競ってCMを行っています。育毛剤はエチルアルコールと精製水が主成分で、それに育毛を増進させるビタミン、アミノ酸、女性ホルモンなどを加え、油分、殺菌剤、色素、香料、紫外線吸収剤などが含まれます。

一般の合成女性ホルモンは、強い副作用と発ガン性が確認されています。
紫外線吸収剤のペンゾフェノンは環境ホルモンの疑いが高まっている物質です。殺菌剤のエデト酸塩には、発ガン性の疑いがあり、胃腸障害、腎臓障害などを引き起こす原因になります。色素、香料には発ガン性とともに、アレルギー性皮膚炎を起こす可能性があります。

洗髪で育毛剤が流れると川を汚染する

アメリカでは、養毛、はげ防止などの外用薬の販売を禁止しています。厳正に調査した結果、効果がないことがはっkりわかったためです。さらに頭皮がかぶれる、頭皮が腫れるなどの症状が深刻化しました。
遺伝の要素がかなり強い男性型脱毛症には現代医学では、治療法がないのが現状です。
むしろ副作用のほうが問題です。
そして、シャンプーをした際に育毛剤が川に流れ出ることが問題です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください