魚の内臓は残す

有機水銀に汚染

1950年代前半に発生した「水俣病」は手足のしびれ、歩行困難、言葉が話せない、物が見えにくくなる、などの症状のほか、脳や神経の障害を起こし、やがては死に至るという病気です。
原因は、有機水銀を「チッソ水俣工場」が排水として水俣湾に流したことです。

湾内にいる魚や貝からは、10ppm~20ppmの有機水銀が検出され、それらの魚介類を多食する人たちが中毒症状を起こしてしまったのです。
その後、新潟でも同様の水俣病と同じ症状がでました。

有機水銀は、農薬としても使われていて、水俣病の発生でその毒性が明らかになり、1970年代に使用が禁止されました。現在は、ニュースなどでも水俣病という言葉を聞くことはなくなりましたが、工業用などのために年間約1万トンもの水銀が生産され、その50%以上は、川、湖、空気中に放出されています。
ごく希ですが、魚介類の体内からたまっている水銀が見つかるケースもあります。

環境ホルモンは内臓にも蓄積される

普段食、べている魚介類はどの程度汚染されてしまっているのでしょうか?
マダイ、さば、ニギス、かれい、たこ、メバル、うなぎ、ふな、シジミ、味などから微量ですが、水銀が見つかっています。

日本では、魚介を毎日食べても害はないとされている水銀の許容量は0.4ppmです。日本の海の中では群を抜いてキレイな島根県のマダイは、0.36ppmと許容量に迫る勢いで汚染されています。
日本の海で特に汚染がすすんでいるという東京湾や瀬戸内海などはかなり汚れていることが予想されます。

現在は、魚介類の有機水銀の不安はかなり減ったと言います。しかし検出されているのも事実です。有機水銀は魚の頭や内臓に多く残ります。

魚の頭部、内臓などは食べないようにするのが安全のためです。防衛策のひとつとしてみそ汁などのだしをとる煮干しは、頭と内臓をとってから使うようにします。ちりめんじゃこなども環境ホルモンの観点から見れば多食は避けたほうがいいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください