価値の高い有機栽培の野菜を食べる習慣をつける

有機農法という栽培方法

農薬は、土壌の消毒、作物の種子の殺菌、発芽から収穫までの間に起こる病虫害の予防や雑草の除去など、目的も様々です。

農薬そのものは、散布する農家の人々にも害を与えていました。農家自身が、農薬により体を害したことがきっかけで有機農法がはじまりました。

有機農法は、農薬や化学肥料を使用せずに、有機物の藁、枯れ葉、糞などの堆肥を土壌つくりに使って、農薬が壊してしまった生態系の回復と共に、害の少ない作物の供給をめざす農業法です。
こうした手法で育てられた農作物は、形や色などの見栄えはそれほどよくないのですが、味もよく栄養価も非常に高いのが特徴です。
さらに生命維持に不可欠な微量栄養素であるビタミン、ミネラルは野菜などから摂取する以外にないのですが、現実には野菜の栄養素の量が変わってきています。
例をあげると、100mgに含まれるビタミンCは、ほうれん草で150mgから65mgへ、春菊で50mgから21mgとほぼ半減しています。
原因は、ビニールハウスなどの普及で本来なら収穫できない季節に収穫できるようになったことや農薬や、化学肥料などを用いて促成・抑制を行うといった栽培技術の変化が大きいようです。

旬の野菜を食べる

太陽による光合成と土壌の有機物で育つ作物は、収穫の時期が限定されています。
これは作物に旬があるということでもあります。自然の恵みを目一杯受けた農作物を食べることが大切です。
ハウス栽培された野菜は、どうしても栄養価が落ちているので、おすすめできません。

デンマークの研究結果では、食べ物の25%以上を有機野菜で摂取していた男性は普通の野菜を食べていた男性よりも、精子数が減少していなかったといいます。
有機野菜を食べる意義はかなり高いようです。

「価値の高い有機栽培の野菜を食べる習慣をつける」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください