ガラス製のほ乳瓶を使う

環境ホルモンが出るプラスチック製は避ける

プラスチック製のほ乳瓶は環境ホルモンであるビスフェノールAを原材料とするPC(ポリカーボネート)です。ガラス製に比べると軽くて割れにくいなどからたくさん使用されてきましたがビスフェノールAが溶け出していることが報告されています。

PC製ほ乳瓶のビスフェノールA溶出検査の結果、熱湯を言えると3.5ppbのビスフェノールAが溶け出していました。
95度の熱湯を入れ、一晩おいて室温まで冷ました状態で検出されたもので、26度の水を入れたモノからは検出されていません。
ガラス製のほ乳瓶からは検出されませんでした。

生殖機能の成長を阻害

日本の政府が行った実験では、PC製容器は使用頻度が高くなるとビスフェノールAの量が増えるという結果も報告されています。

新品の容器に95度の熱湯を入れ、30分後にビスフェノールAの量を測定すると最大で6ppb、50回洗った容器からは、63ppb、100回洗ったものからは、180ppbのビスフェノールAが検出されています。

たとえば、男児の場合、精子を形成するのに重要な役割を果たしているセルトリ細胞と呼ばれるものが、乳児では十分に発達していません。そんな時期に環境ホルモンの影響を受ければ、精子形成を阻害されてしまうでしょう。

女児の場合、、排卵システムがしっかりできるまでに環境ホルモンにさらされてしまえば、一生涯無排卵になってしまう可能性も否定できません。

ほ乳瓶はガラス製を使うことでこの環境ホルモンの影響から100%防ぐことができます。
プラスチック製の環境ホルモンが全く心配いらない、安心のガラス製の哺乳瓶一覧はこちら

「ガラス製のほ乳瓶を使う」への2件のフィードバック

  1. ピンバック: 哺乳瓶 | 子どもを健康に育てたい人集まれ!病気にさせない知識と実践集

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.