塩素系のプラスチック製品は買わない

疑いのあるものも買わない

塩化ビニール、塩化ビニリデンなど塩素を含むプレスチック類は、燃やすと有害なダイオキシンが発生ます。
また塩化ビニールの原材料である塩ビニールの原材料である塩ビモノマーは肝臓ガンの原因となる発ガン物質といわれ、添加剤フタル酸エステルは環境ホルモンの疑いがあります。

生活の中で塩化ビニールが使われているのは、手袋、人形、レインコート、サンダル、文房具、食品などの容器、透明パッケージなど多岐にわたります。

長靴やレインコートのように素材名が表示されているものは、確認できますが、包装に使用されているプレスチックは、なかなかわかりにくいものです。
みりんのボトル、梅干しのケース、蜂蜜のカップなどは、PET樹脂、ポリプロピレン、ポリスチレンの場合もありますが、塩化ビニールが使われるケースもあります。

ほとんどが塩化ビニール製の豆腐のパックもポリプロピレン、ポリスチレンということもあります。

このように職員の包装でもいろいろなケースがあり、特定の食品の包装ごとに判別できません。疑わしいものは購入しないことです。

塩化ビニールかを見分ける方法

塩化ビニールかどうかを見分ける方法は、バイルシュタイン試験紙といい、まず直径1.5mm前後の銅線の先端をかざし、真っ赤になるまで加熱します。
これをプラスチックに接触jさせてその銅線部分を再び加熱させます。
炎の色がきれいな緑色に変われば塩化ビニールか塩化ビニリデンです。

安全なプラスチック

  • ポリエチレン
  • PET樹脂
  • ABS樹脂
  • ポリプロピレン
  • ポリスチレン

注意するプラスチック

  • 塩化ビニリデン樹脂
  • 塩化ビニール樹脂

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください