緑黄色野菜 たっぷり 摂る 環境ホルモン 対策

Pocket

緑黄色野菜 たっぷり 摂る 環境ホルモン 対策 の基本です。色の濃い緑黄色野菜は、ダイオキシンや食品添加物を排出するには欠かせません。穀物、緑黄色野菜、海草類、種実、豆類などを豊富にとることを意識しましょう。

ビタミン、ミネラルを豊富にとる緑黄色野菜 はたっぷりと摂る

緑黄色野菜に含まれるβ-カロテンは、黄色や赤色の色素成分で、カロテノイドの一種です。
β-カロテンは体内で必要に応じてビタミンAに変換されることからプロビタミンAとも呼ばれ、人体の皮膚や粘膜、免疫機能を正常な状態に保ったり、視力を維持する役割をします。
変換されなかったβ-カロテンは、抗酸化物質として働き、老化予防(アンチエイジング)や生活習慣病予防に効果があるといわれています。

穀物 緑黄色野菜 はたっぷりと

穀物 緑黄色野菜 はたっぷりと

人間の体を形成し維持していくためのエネルギー源として、たんぱく質、脂肪、糖質の3大栄養素がありますが、の3大栄養素は筋肉や脂質の構成成分として体をつくる役割を担っています。

これらの栄養素が円滑に代謝されるためには、ビタミン、ミネラルが必要です。
ダイオキシンの排泄には食物繊維が必須であるように、解毒、排泄、分解、合成をスムーズに行うためには、ビタミンやミネラルが必要ということです。

緑黄色野菜 の基準とは?

緑黄色野菜というと、色の濃い野菜と思われている人も多いでしょう。 厚生労働省が定めた緑黄色野菜の基準を見てみると、「原則として可食部100g当たりカロテン含量が600µg(マイクログラム)以上の野菜」となっています。

ほうれん草・にんじん・かぼちゃなど、カロテンを可食部100g中に600マイクログラム(600μg)以上含む野菜の総称。

一般には、緑色や黄色・赤色などの色の濃い野菜ととらえられていますが、「原則として可食部100g当たりカロテン(カロチン)含量が600マイクログラム(μg)以上の野菜」という基準が厚生労働省により決められています。

トマト・ピーマンなどは、可食部100g中のカロテン含有量が実際には600マイクログラム未満であるものの、食べる回数や量が多いため、緑黄色野菜に分類されています。

カロテンには体内の活性酸素を減らす抗酸化作用があります。またβ-カロテンは体内で必要な分だけビタミンAに変換されるので「プロビタミンA」とも呼ばれています。緑黄色野菜にはカロテン類だけではなく、ビタミンCも豊富に含まれ、ほかにビタミンK・葉酸・ミネラルなどを多く含んでいます。

カロテンは脂溶性であることから、油類といっしょに摂取した方が吸収されやすいため、調理方法を工夫しましょう。

きゅうり、なす、とうもろこしなどは、「表皮の色の濃さ」で緑黄色野菜と思われがちですが、見た目の色だけでは判断できません。緑や紫、赤、黄など皮の色が濃い野菜の場合は、一部例外はありますが、切ったときに「中身まで色が付いているのが緑黄色野菜」「中身が白っぽいのが緑黄色野菜以外の野菜(のなす)」と覚えておくとわかりやすいでしょう。

代表的な 緑黄食野菜

●あさつき ●いんげん ●オクラ ●かぼちゃ ●クレソン ●ケール ●小松菜 ●サラダ菜 ●しそ ●春菊 ●セリ ●貝割れ大根 ●チンゲン菜 ●とうがらし ●トマト* ●ニラ ●にんじん ●バジル ●パセリ ●ピーマン* ●ブロッコリー ●ほうれん草 ●三つ葉 ●芽キャベツ ●モロヘイヤ ●わけぎ(一部抜粋・五十音順)

 

有害物質を体外に

どうしても食品添加物の摂取が避けられない昨今、取り込んでしまった添加物を体外に出すことが重要です。
ビタミンやカルシウムを摂取する際にこれだけをサプリなどで摂取しても総体的に効果を発揮することができません。
ビタミンやミネラルはバランスよく摂取することが大切です。
そこで、バランスよくたくさんのビタミン、ミネラルを摂取するには穀物や緑黄色野菜なのです。さらに

  • 海草類
  • 種実
  • 豆類

も同様です。これらを3度の食事でバランスよく食べるように習慣づければいいでしょう。

環境ホルモン防衛法

出典:
農林水産省「野菜の定義について」(緑黄色野菜・その他の野菜の分類名称)
厚生労働省e-ヘルスネット「栄養と摂取量の定義」
厚生労働省「五訂日本食品標準成分表」の取扱いについて(緑黄色野菜に該当する野菜)
厚生労働省「毎日プラス1皿の野菜」のとり方を提案します(その他の野菜に該当する野菜)
農畜産業振興機構「やさいのはたらき」(見分け方のコツ)

ミリオン【ミリオンの国産緑黄色野菜ジュース 30缶×2ケース + さらさら青魚(EPA高配合・90粒入り)おまけ付き】

厚生労働省推奨の2.16倍約260gの緑黄色野菜を使用 皮ごとピューレ状ジュース《温野菜製法 旬の野菜を厳選 塩分・砂糖不使用 脂質ゼロ 62Kcal》野菜ジュース

原材料・成分

 

濃縮にんじん、野菜(ブロッコリー、かぼちゃ、セルリー、はくさい(濃縮還元)、ピーマン(濃縮還元)、なす(濃縮還元)、しそ(濃縮還元)、しょうが、さつまいも、レタス(濃縮還元)、大根(濃縮還元)、よもぎ(濃縮還元)、チンゲンサイ(濃縮還元)、小松菜、ケール、ほうれん草、ビーツ、たまねぎ(濃縮還元)、パセリ(濃縮還元)、クレソン、ラディッシュ)、レモン(濃縮還元)、ぶどう糖、にんにくエキス、環状オリゴ糖、ビタミンC、ビタミンB2、ビタミンB1

 

使用方法

そのまま飲んでも、カレーや煮込料理、サラダドレッシングとしても使えます。また災害時の保存食にもおすすめです!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください