穀物 緑黄色野菜 はたっぷりと

穀物 緑黄色野菜 はたっぷりと 摂るのが環境ホルモン対策の基本です。

ビタミン、ミネラルを豊富にとる 穀物 緑黄色野菜 はたっぷりと

穀物 緑黄色野菜 はたっぷりと

穀物 緑黄色野菜 はたっぷりと

人間の体を形成し維持していくためのエネルギー源として、たんぱく質、脂肪、糖質の3大栄養素がありますが、の3大栄養素は筋肉や脂質の構成成分として体をつくる役割を担っています。

これらの栄養素が円滑に代謝されるためには、ビタミン、ミネラルが必要です。
ダイオキシンの排泄には食物繊維が必須であるように、解毒、排泄、分解、合成をスムーズに行うためには、ビタミンやミネラルが必要ということです。

有害物質を体外に

どうしても食品添加物の摂取が避けられない昨今、取り込んでしまった添加物を体外に出すことが重要です。
ビタミンやカルシウムを摂取する際にこれだけをサプリなどで摂取しても総体的に効果を発揮することができません。
ビタミンやミネラルはバランスよく摂取することが大切です。
そこで、バランスよくたくさんのビタミン、ミネラルを摂取するには穀物や緑黄色野菜なのです。さらに

  • 海草類
  • 種実
  • 豆類

も同様です。これらを3度の食事でバランスよく食べるように習慣づければいいでしょう。

環境ホルモン防衛法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください